フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR


« AC/DC DIRTY DEEDS DONE DIRT CHEAP | トップページ | GENESIS SELLING ENGLAND BY THE POUND »

2020年12月 1日 (火)

STEELER STEELER

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

オリジナルは83年作、イングヴェイのプロ・デビュー作として有名なスティーラーの唯一のアルバム、「スティーラー」、入荷しました。

1_000000002061

ショップはこちら

 

後にKEELを結成するロン・キール、LIONを結成するマーク・エドワーズ、SINや多くのセッションで有名なリック・フォックスを擁し、シュラプネル・レコーズのマイク・ヴァーニーによって見出されたイングヴェイが渡米し合流、LAメタル夜明け前の真っ只中、衝撃的なデビューを果たしました。

 

作曲のほとんどがロンを中心としたアメリカ勢が担当したため、典型的な初期LAメタル節が炸裂し、キャッチーな疾走感が全編を覆っています。

 

ただやはり当時二十歳そこそこのイングヴェイのプレイが群を抜いています。

 

彼が作曲に関わった「No Way Out」では、すでにクラシカルなスタイルが確立されていて、アコースティックからいきなり燃え上がる様な超絶プレイへと移行し、ミディアム・バラード風のメロディアス・チューンとなっています。

 

またやはりイングヴェイ作のドラマティックなインスト、「Abdauction」は特に聴きもので、続く「On The Rox」へ壮大なオープニングとなり、スピーディーなリフが襲ってくる頃には誰もが震えを感じるに違いないと思われます。

 

そしてやはり極めつけは弾きまくるイングヴェイの恐ろしい程の才能が印象的な「Hot On Your Heels」でしょう。

 

スパニッシュ・ギターから現在の彼のスタイルへと繋がる速弾きは、3分を超える独壇場となり、やがていかにも80'sメタルとでも言うべきスピード・チューンへとなだれ込む様は圧巻です。

 

ラスト・ナンバーとなる「Serenade」は、「天国への階段」をも思わせながら、哀愁型絶叫バラードの名曲になっています。

 

ロンの特徴的な声とキャッチーな歌メロも印象的で、イングヴェイ信者にはもちろん、LAメタル隆盛期をこよなく愛する方にとっても必聴盤となる1枚だと思います。

 

« AC/DC DIRTY DEEDS DONE DIRT CHEAP | トップページ | GENESIS SELLING ENGLAND BY THE POUND »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AC/DC DIRTY DEEDS DONE DIRT CHEAP | トップページ | GENESIS SELLING ENGLAND BY THE POUND »