フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« TNT FIREFLY | トップページ | BULLET FOR MY VALENTINE FEVER »

2020年10月 8日 (木)

TESLA FIVE MAN ACOUSTICAL JAM

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

80年代組としてはかなり埃っぽく、男臭さを売りにしていたテスラの初のライヴ盤となった1枚、「ファイヴ・マン・アコースティカル・ジャム」、入荷しました。

1_000000001518

ショップはこちら

 

前編アコースティック・セットによるショーとなり、このバンドのルーツと持ち味が凝縮された内容となっています。

 

本作からシングル・カットされた「Signs」が意外な大ヒットを記録し、同時代のヘア・メタル出身組とは明らかに違うDNAを見せつけたのでした。

 

この曲はカナダのバンド、Five Man Electrical Bandの71年のヒット曲のカヴァーですが、他にもクラシック・ロックの数々を取り上げてくれています。

 

Grateful Deadの「Truckin'」、ビートルズの「恋を抱きしめよう (We Can Work It Out)」、Creedence Clearwater Revivalの「Lodi」、ストーンズの「Mother's Little Helper」、更にはポール・マッカートニーの「恋することのもどかしさ (ハートのささやき)(Maybe I'm Amazed)」の歌いだしを一部披露してくれています。

 

ロック・バンドとしては、かなり正統派だと思えるセンス、嗜好が、アメリカ人のロック好きの国民性とピッタリ合ったライヴとなったのだと思います。

 

選曲の良さに加え、ヴォーカリストのジェフ・キースのクセのある声がまた良くライヴ映えするので、何度でも聴きたくなる1枚となっています。

 

 

« TNT FIREFLY | トップページ | BULLET FOR MY VALENTINE FEVER »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TNT FIREFLY | トップページ | BULLET FOR MY VALENTINE FEVER »