フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« DEEP PURPLE NOBODY'S PERFECT | トップページ | TESLA FIVE MAN ACOUSTICAL JAM »

2020年10月 7日 (水)

TNT FIREFLY

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

TNTの通産6作目のオリジナル・アルバム、「ファイアフライ」、入荷しました。

1_000000001519

ショップはこちら

 

前作を最後に解散をしていた彼等が約5年ぶりに復活を遂げた第1弾です。

 

TNTよ、お前もか、と言いたくなるヘヴィ&ダーク路線に肩を落としたファンも多かったのかもしれません。

 

ただ個人的には、92年作の「Realized Fantasies」で見せていた、北欧メタルの固定観念から脱却した幅広いポップ・センスもここで継承し、バンドがナチュラルな姿勢で時代に向き合おうとする姿には好感が持てます。

 

トニー・ハーネルの美声はここでは抑えられ、低音での魅力が新鮮で、ロニー・ル・テクロのギターもフラッシーなプレイからアグレッシヴな響きを増しています。

 

果たして80年代メタルはもう過去の産物として埋葬されてしまうのか、そういった疑問を持つ間もなくシーンは激変していた中、TNTの本作での路線変更はそう意外なものではなかったと思われます。

 

ただどうしても消す事のできないメロディ指向の血は、やはり脈々と流れ続けていたのも事実で、「Tripping」や「Month Of Sundays」といったナンバーではメロディ・メイカーとしての資質が爆発しています。

 

SEを多用したプログレシッヴな実験性もユニークで、彼等が過去にこだわらない再結成を目指している事も伺えますが、本作を聴き込む中で時折飛び出すトニーのハイトーン・ヴォーカルと高揚感のあるメロディに身を乗り出してしまうとしたら、生粋の80'sメタル・ファンだと言えるのではないでしょうか。

 

« DEEP PURPLE NOBODY'S PERFECT | トップページ | TESLA FIVE MAN ACOUSTICAL JAM »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DEEP PURPLE NOBODY'S PERFECT | トップページ | TESLA FIVE MAN ACOUSTICAL JAM »