フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« RAINBOW FINYL VINYL | トップページ | JOURNEY ARRIVAL »

2020年9月21日 (月)

DAVID BOWIE ZIGGY STARDUST

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

オリジナルは72年作、デヴィッド・ボウイのグラム・ロック時代のピークを象徴するアルバム、「ジギー・スターダスト」、入荷しました。

9_000000006513

ショップはこちら

 

70年代のロック・スターがまさにキラキラとした別世界の存在である事を堂々と宣言した傑作です。

 

2016年初頭、この人の訃報が届きました。本当に残念でなりません。R.I.P.

 

原題は、「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」となり、今では当然の様にミック・ロンソンを中心とするスパイダース・フロム・マーズとボウイの関係性を現したタイトルとして知られていますが、当時の邦題は直訳した「屈折する星屑の上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群」となり、本作をますます妖しいものとしていました。

 

ボウイがすでに追求してきたSF的コンセプトを、ここでは更に突き詰めたものとなり、自身が宇宙人となり、5年後に破滅する地球に舞い降りたジギーがロック・スターとして君臨し、人々を喧騒の中へと巻き込んでいく・・・という大筋ですが、ボウイの歌詞は時に哲学的で、聴き手に様々な解釈をさせる事で有名です。

 

ロック・スターの栄枯盛衰のドラマを、ボウイが自身をジギーに重ねてみせて、消耗しきった末に自殺する、というストーリーを信じているファンも多いと思いますが、全く違う解釈もできるのがこのアルバムの凄いところだと思います。

 

アルバムを締めくくる「ロックン・ロールの自殺者」では、「君達は一人じゃない 僕に手を貸して」と大合唱で終わります。

 

ボウイにどんなたくらみがあったにせよ、ファンは常にロック・スターに夢見て、共に生きていこうとこのアルバムは教えてくれてもいたのです。

 

サウンドはキャッチーでメロディアス、時に優しく時に攻撃的、ロックの甘さと妖しさでコーティングされたものとなっているだけに、ジギーに今だに特別な思いを抱いている人は多いと思います。

 

コンセプト・アルバムとしての難解さももちろん魅力的なのですが、インパクトのあるヴィジュアル、誰もが口ずさめるメロディによりロックをもう一度特別なものにしようとしたのが、グラム・ロックではなかったのかと思わずにはいられない1枚です。

 

 

 

« RAINBOW FINYL VINYL | トップページ | JOURNEY ARRIVAL »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RAINBOW FINYL VINYL | トップページ | JOURNEY ARRIVAL »