フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« TRIXTER HEAR! | トップページ | ENUFF Z'NUFF ? »

2020年9月 5日 (土)

MACHINE HEAD BURN MY EYES

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

マシーン・ヘッドのデビュー・アルバム、「バーン・マイ・アイズ」、入荷しました。

1_000000006509

ショップはこちら

 

ベイエリア・クランチの正統後継者として名を馳せたVIO-LENCE(ヴァイオレンス)のギタリスト、ロブ・フリンが結成したマシーン・ヘッドは、明らかにパンテラ以降のメタル・バンドとしてスラッシュを進化させる事に成功したと思います。

 

現在も熱い支持を受けるのは、そのストイックなまでのメタル道を時流に迎合する事なく疾走しているからだと思います。

 

94年作のデビュー作となった本作から、すでにロブ・フリンの思い描いていたメタル・スタイルは確固たるものであった様で、スラッシュ・メタルの伝統的とも言えるスピード、リフを核に、90年代のヘヴィ・ロック特有の音圧が維持されていたのです。

 

80年代組がスラッシュのダイナミズムをそのままパッケージして、ニューメタルへと流れ込む事がほとんどできなかったのは、ダーク、ヘヴィ、グルーヴ、ミクスチャーといったキーワードに縛られていたからだと思いますが、マシーン・ヘッドの清々しい程のスラッシュ引き摺り感は逆に新鮮だったのかもしれません。

 

ヴォーカルこそパンテラからの影響を感じさせますが、最早カテゴライズするのもナンセンスなメタルっぷりに敬意すら感じる1枚です。

 

 

« TRIXTER HEAR! | トップページ | ENUFF Z'NUFF ? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRIXTER HEAR! | トップページ | ENUFF Z'NUFF ? »