フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« BLIND GUARDIAN IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE | トップページ | RATT INFESTATION »

2020年9月15日 (火)

EVANESCENCE THE OPEN DOOR

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

前作の「FALLEN」から3年、エヴァネッセンスが放ったセカンド・アルバム、「ザ・オープン・ドア」、入荷しました。

1_000000002834

ショップはこちら

 

全世界で1500万枚以上というモンスター・セールスを上げたアルバムの後に、一体どんなモチベーションを維持し続ければならないのか、聴き手には一切想像させない完成度は誇っています。

 

ポジティブなイメージを想起させるアルバム・タイトル、それに反してますますゴシック調を強めたアートワーク、そして少し大人っぽく、そしてフックラとして新たな魅力を見せているエイミー嬢の姿からは、少なくともサウンドの大きな変化は想像できませんでした。

 

サウンド・プロダクションはほぼ同じながら、ソング・ライターであり、オリジナル・メンバーであったベン・ムーディーの脱退により、バンドはいよいよエイミーのプロジェクト・バンド的な様相を見せ始めます。

 

彼女はけっして用意された曲をドラマティックに演出する歌姫ではなく、21世紀のポップ・アイコン、そしてメタル・シーンをも牽引する事を任された存在だと思えます。

 

彼女の姿に逞しさが見られる様になったのも、確かに合点がいく話です。

 

ラップの排除、トリップ・ホップ的なナンバーへの挑戦等、新機軸が見られますが、基本路線はエイミーの声によってしっかり守られています。

 

ビョーク、そしてPORTISHEADのベス・ギボンズからの影響を公言している様ですが、これも実に納得できる話です。

 

レコーディングはピアノをベースに進められ、最後にギター・リフを乗せていくという手法をとったため、全体的にはゴリゴリ感が前作よりスポイルされた感はあります。

 

ただエイミーのメロディ・メイカー、ヴォーカリストとしての存在感がより確かなものとなっていて、彼女の果敢な戦いがまた新たに始まった、という印象が強く残る傑作です。

 

 

« BLIND GUARDIAN IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE | トップページ | RATT INFESTATION »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BLIND GUARDIAN IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE | トップページ | RATT INFESTATION »