フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« PRETTY BOY FLOYD PORN STARS | トップページ | FRANK ZAPPA BROADWAY THE HARD WAY »

2020年8月 5日 (水)

PRIDE & GLORY PRIDE & GLORY

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

オジーの現役引退騒動により、その動向が注目されていたザック・ワイルドは初のリーダー・バンドとして結成したプライド・アンド・グローリー名義の唯一のスタジオ・アルバム、「プライド・アンド・グローリー」、入荷しました。

1_000000002792

ショップはこちら

 

ご存知の様にザックの確固たるスタイルはここではっきりと明示され、以降Black Label Societyとして受け継がれていきます。

 

圧倒的な音量と強力なダイナミズムをもって炸裂するのはサザン・ロックへの熱き思い、という事になるのでしょうが、トリオ編成で繰り出されるバンド・サウンドは70年代ハード・ロックの良心とでも言うべきオーセンティックな魅力を誇っています。

 

ザックと合流したのは元WHITE LIONのリズム隊という意外な組み合わせでしたが、結局ベースのジェイムズ・ロメンゾのみが残り、ドラムにはブライアン・ティッシーが加わっています。

 

スティーヴィー・サラスやSlash's Snakepit、日本では松本孝弘率いるTMGでの活動で有名なドラマー、ブライアンの参加により骨太かつアグレッシヴなボトムをザックは獲得したと思います。

 

マンドリン、バンジョー、ハーモニカ、そしてピアノもプレイするザックのマルチ・プレイヤーぶりにも驚かされるのですが、やはりなんと言ってもヴォーカリストとしての男臭いカッコ良さが決定的だったと思います。

 

シングルとなった「Losin' Your Mind」や「Horce Called War」等はオジーのために書かれた様ですが、当時のオジーはピンとこなかったそうで、なるほどザックの声で歌われてこそ威力を発揮するアメリカン・ハード・ナンバーとなっています。

 

また意外なのが、エルトン・ジョンの「僕の歌は君の歌」のアレンジで有名なポール・バックマスターが本作で3曲のストリングス・アレンジャーとして参加している事です。

 

この人が編曲を担当した「The Chosen One」、「Sweet Jesus」、「Fadin' Away」では、ザックのメロディ・メイカーとしての新たな魅力が開花したとも思え、特に後者2曲での泣かせのテクニックは以降の彼の得意技ともなっています。

 

恐らくこの3曲に関しては、オジーもかなり嫉妬したのではないでしょうか。

 

尚、日本盤ボーナス・トラックとなっているのは、お約束とも言えるサバスのカヴァー、「The Wizard 魔法使い」で、ほぼ原曲に近い形で再現されています。

 

 

 

« PRETTY BOY FLOYD PORN STARS | トップページ | FRANK ZAPPA BROADWAY THE HARD WAY »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PRETTY BOY FLOYD PORN STARS | トップページ | FRANK ZAPPA BROADWAY THE HARD WAY »