フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR


« STRYPER AGAINST THE LAW | トップページ | FORTUNE LORD OF FLIES »

2020年7月16日 (木)

SIAM PRAYER

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

サイアムの96年作、「プレイヤー」、入荷しました。

6_000000006471

ショップはこちら

 

2019年に残念ながら他界してしまったトニー・ミルズ、英国が誇るメロディアス・ハード界の名ヴォーカリストであり、SHYやTNTの作品で未だに彼の声を愛するファンも多いでしょう。

 

91年にSHYを脱退、元RECKLESS DAUGHTERのメンバー等と結成したのが、このSIAM(サイアム)でした。

 

2枚のアルバムを残し解散しましたが、彼のキャリアの中でも異色と言える音楽性であったと思われます。

 

前作とはギタリストが一人交代していますが、ツイン・リード体制の5人組は変わらず、正統派メタルと言うべきストロングなサウンド・スタイルもそのまま踏襲されています。

 

以前から指摘もされていましたが、トニーの高音ヴォーカルとJUDAS PRIEST直系のメタル愛がQUEENSRYCHEと激似状態となり、ドラマティックな曲構成も手伝い、トニーの根強いファンですらジェフ・テイトが歌っているのではと聴き間違えてしまうかもしれません。

 

本作をもってSIAMは解散、トニーはRUSHのトリビュート・バンド、YYZで活動する事になりますが、ここでのプログレッシブな方向性によりそうした意識が芽生えたのかもしれません。

 

ただその後より美麗ハード・ポップ化が進んだSHYに復帰、「UNFINISHED BUSINESS」、「SUNSET AND VINE」という見事な2枚のアルバムを残していますので、先天性のメロディアス・ハード・ヴォーカリストであった事も間違いないと思われます。

 

SIAMでのトニーの果敢なピュアなメタルを追求する姿は他のプロジェクトではなかなか見られなかったために、このバンドで残した2枚のアルバムはファンにとっても興味深いものとなったに違いないと思われます。

 

尚、裏ジャケのきょく曲数、曲名一部誤表記が見られます。

 

正しくはボーナス・トラック1曲を含む全12曲収録となっています。

 

 

 

« STRYPER AGAINST THE LAW | トップページ | FORTUNE LORD OF FLIES »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« STRYPER AGAINST THE LAW | トップページ | FORTUNE LORD OF FLIES »