フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR


« ROCK'N RHYTHM KISS-THE MEDLEY~A DANCE ORGASM~ | トップページ | STRYPER AGAINST THE LAW »

2020年7月14日 (火)

RAVEN THE PACK IS BACK

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

オリジナルは86年作、レイヴンの通産5作目となったアルバム、「ザ・パック・イズ・バック」、入荷しました。

3_000000006470

ショップはこちら

 

N.W.O.B.H.M.シーンの中でデビュー、ジョンとマークのギャラガー兄弟、そしてドラムのロブ "ワッコ" ハンターからなるパワー・トリオ。

 

当時からスピーディーでアグレッシブなサウンドは、後のスラッシュ・メタルへ大きな影響を与えた事で知られています。

 

前作の「STAY HARD」で見せたポップ展開がアメリカでも好評を得たせいか、本作では更なるポップ化を推進、賛否両論となった問題作となりました。

 

プロデュースは巨匠、エディ・クレイマー。

 

ジミ・ヘンドリックス、ツェッペリン、KISSを手掛けた事で有名ですが、80年代にはFASTWAY、TRIUMPH、ALCATRAZZ、ICON、そしてLOUDNESSと、次から次へと名盤に関わった人物だけに、硬派、凶暴なレイヴンのイメージ・チェンジにはうってつけであったと思われます。

 

ホーン・セクション、シンセの大幅導入、リヴァーブ仕掛けのビッグ・ドラムにより、いかにも80'sメタルらしい味付けが施されていますが、彼等特有の攻撃性とスピードは健在、それに反してキャッチー歌メロが乗っかるなかなかユニークなアルバムとなっています。

 

スペンサー・デイヴィス・グループの「GIMME SOME LOVIN' 愛しておくれ」のカヴァーはやややりすぎ感も見られ、彼等への期待がいかに大きかったかが推測されます。

 

ほぼ同時期にアメリカではGREAT WHITEが同曲を取り上げていますが、両者を比較してみると面白いのですがRAVENヴァージョンの方が逆にLAメタル・チックに聴こえる気もします。

 

全体的にもアメリカンなノリを満載、当時のイギリス勢の中ではかなり思い切った展開を見せたポップ・メタル作といったところでしょう。

 

かなりの意欲作だったのですが、残念ながらセールス的には大成ならず、彼等は原点回帰を以降していく事になります。

 

現在も変わらぬ疾走ぶりを続けている彼等、80年代に迷走した結果とも言えなくもないですが、この時代だからこそ生まれた隠れ名盤とも思える良曲揃いの1枚です。

 

 

« ROCK'N RHYTHM KISS-THE MEDLEY~A DANCE ORGASM~ | トップページ | STRYPER AGAINST THE LAW »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ROCK'N RHYTHM KISS-THE MEDLEY~A DANCE ORGASM~ | トップページ | STRYPER AGAINST THE LAW »