フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR


« RIOT INISHMORE | トップページ | ELECTRIC BOYS GROOVUS MAXIMUS »

2020年7月 5日 (日)

BLACKMORE'S NIGHT SHADOW OF THE MOON

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

ブラックモアズ・ナイトの「シャドウ・オブ・ザ・ムーン」、入荷しました。

1_000000006458

ショップはこちら

 

レインボー以降のリッチー・ブラックモアの活動に、多くのファンが戸惑い、最初は不満を持った事だとは思いますが、今ではすっかりリッチーのキャリアを代表するユニットとなったブラックモアズ・ナイトのデビュー作です。

 

一目惚れした女性を口説き落とし、「孤高のストレンジャー」に作詞家、コーラスとして参加させてしまうリッチーに、ファンは新たなカリスマ像を見出したのではないでしょうか。

 

奥方となるキャンディス・ナイトの美声と美貌が、リッチーが求め続けていた理想の音の具現化を助けたという事なのだと思います。

 

中世音楽家、ティルマン・スザート、ピエール・アテニャン、更にはチャイコフスキーの「白鳥の湖」をモチーフにし、サウンドはもちろん、トータル・コンセプトとしてのルネッサンス音楽の世界を作り上げています。

 

英国プログレの老舗バンド、Renaissanceや、スウェーデンのバンド、Rednexのカヴァーや、ジェスロ・タルのイアン・アンダーソンをゲストに迎えながら、多彩な音楽性が混在している様に見えながら、不思議な統一感でまとめられているのは、キャンディスの魅力的な声が大きな要因となっていると思います。

 

リッチーはフォーク・ロック然としたプレイに徹していますが、時折聴かせてくれる独特のリッチー節にレインボーの影を見てしまう人も多かったと思います。

 

ここでのしっかりとした世界観は、お遊び的なプロジェクトではなく、以降のブラックモアズ・ナイトの骨格となったばかりでなく、メタル・ファンは改めて天才的ギタリストの虜になっていった感があります。

 

 

« RIOT INISHMORE | トップページ | ELECTRIC BOYS GROOVUS MAXIMUS »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RIOT INISHMORE | トップページ | ELECTRIC BOYS GROOVUS MAXIMUS »