フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« BLACK 'N BLUE ONE NIGHT ONLY-LIVE | トップページ | PRAYING MANTIS THE JOURNEY GOES ON »

2020年6月 2日 (火)

STRYPER IN GOD WE TRUST

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

88年作、ストライパーのフル・アルバムとしては3作目にあたり、彼等の全盛期を象徴する1枚、「イン・ゴッド・ウィ・トラスト 永遠の誓い」、入荷しました。

1_000000004067

ショップはこちら

 

クリスチャン・メタル・バンドである事と、流麗なハーモニーとキャッチーなメロディを奏でる事の両立が完全に融合された名盤です。

 

LAメタルという括りにおいても、ゴージャスでグラマラスなルックスと、ポップ・メタル然とした80年代的アプローチがこれ程嫌味に映らなかったバンドもいないと思います。

 

とにかく曲の良さが素晴らしく、本作が今もメロディアス・ハードの伝説的名盤として語られるのも納得できます。

 

彼等の精神性よりも、キラキラした要素が凝縮されたバンドとして今も認識されているのは、そうしたメロディの輝きに要因があるのはある意味彼等にとっては弱みにもなってしまったのかもしれません。

 

QUEEN顔負けのコーラスから印象的なギター・リフと共に疾走していくアルバム・タイトル曲、続く「ALWAYS THERE FOR YOU」の大合唱したくなるようなキャッチーさ、「KEEP THE FIRE BURNING」でもポップ・メイカーとしてのセンスは続き、「I BELIEVE IN YOU」ではマイケル・スウィート節が炸裂した一大バラードへと繋がれていく冒頭の流れは、今聴いても震えが走ります。

 

純粋なメタル・ソングとしてのエッジと、バラードにおける美しさ、この両極端の振れ幅に加え、ハード・ポップ、メロディアス・ハードとしての完成度を備えた事により、80年代メタルのピークを確立してしまった気がします。

 

加速化していくグランジ、オルタナの波にやがて飲み込まれていくわけですが、ここで残したインパクトがあったからこそ、現在の彼等の安定した人気も約束されていたのでしょう。

 

 

« BLACK 'N BLUE ONE NIGHT ONLY-LIVE | トップページ | PRAYING MANTIS THE JOURNEY GOES ON »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BLACK 'N BLUE ONE NIGHT ONLY-LIVE | トップページ | PRAYING MANTIS THE JOURNEY GOES ON »