フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« QUEENSRYCHE TAKE COVER | トップページ | MARTIN NEWELL THE OFF WHITE ALBUM »

2020年6月 6日 (土)

CRUE FEST★COMPILATION

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

2008年リリース、「クルー・フェス★コンピレーション」、入荷しました。

11_000000006436

ショップはこちら

 

モトリー・クルーが約11年ぶりのオリジナル・メンバーで復活となった2008年リリースの「Saints Of Los Angels」。

 

お祭り騒ぎとなったモトリーの新作に伴い、「CRUE FEST」の開催もアナウンスされました。

 

2008年7月より約2ヶ月間、アメリカ、カナダで行われたこのフェスは、もちろんモトリーがメイン、SIXX:A.M.、BUCKCHERRY、PAPA ROACH、TRAPTを帯同する豪華なラインとなりました。

 

翌年には「CRUE FEST 2」が開催され、モトリーを筆頭に、GODSMACK、THEORY OF A DEADMAN、DROWNING POOL、CHARM CITY DEVILSが参加しています。

 

ほとんどのバンドが当時ニッキー・シックスが社長も兼ねたELEVEN SEVEN MUSICに所属、身内で固めた感も強いのですが、それでも21世紀型ラウド・ロックの大型フェスには間違いなかったと思われます。

 

出演バンド、レーベル所属バンドの既発表曲を集めた本コンピレーションは、言ってみればCRUE FESTとELEVEN SEVENの宣伝に他ならないのですが、実に爽快感溢れるナンバーばかりになっています。

 

Crue Fest VersVersionとされている「Saints Of Los Angels」は映像も公開されましたが、Gang Vocal Versionと同テイクと思われます。

 

コーラスにバックチェリーのジョシュ・トッド、SIXX:A.M.のジェイムズ・マイケル、パパ・ローチのジャコビー・シャディックス、トラプトのクリス・テイラー・ブラウンが参加しています。

 

ボーナス・トラックの「WILD SIDE」のライヴ・ヴァージョンは、おそらく2006年の「CARNIVAL OF SINS LIVE」からの流用かと思われます。

 

その他にもクルー・フェスには参加していないTHE EXIES(SIXX:A.M.風)、MARION RAVEN(女性ヴォーカルによるオルタナ・ポップ)、CHOSEN SON(AC/DC風)といったバンドが収録されていますが、そのどれもがモトリー・ファンでも十分楽しめるナンバーとなっています。

 

 

« QUEENSRYCHE TAKE COVER | トップページ | MARTIN NEWELL THE OFF WHITE ALBUM »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« QUEENSRYCHE TAKE COVER | トップページ | MARTIN NEWELL THE OFF WHITE ALBUM »