フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« WARRANT LOUDER HARDER FASTER | トップページ | VAN HALEN WOMEN AND CHILDREN FIRST »

2020年6月25日 (木)

URIAH HEEP OUTSIDER

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

ユーライア・ヒープの2014年の通産23作目、メロディアス・ハード専門レーベルとして今や世界基準となったFRONTIERS移籍第2弾となったアルバム、「アウトサイダー 異端審問」、入荷しました。

8_000000006450

ショップはこちら

 

70年代からバンドを支えてきたベーシスト、トレヴァー・ボルダーが2013年に他界、本作は彼に捧げられる形でリリースされました。

 

近作をずっと手掛けているマイク・パックスマンのプロデュース、ASIAやSTATUS QUO等との仕事で知られるこの人の手堅いサウンド・プロダクションにより、ヒープの伝統的なメロディとモダンなハード・ロック色が見事に融合しています。

 

すでに歴代ヴォーカリストの中では最長のバンド在籍率を誇るバーニー・ショウの安定したヴォーカル、ミック・ボックスとフィル・ランゾンによる熟練のソング・ライティング、加えてバンド・サウンドも無理をしない大ベテランの余裕と貫禄が漂っています。

 

メロディには懐かしさだけでなく、現在進行形のバンドのキャッチーな部分が透けて見えるのですが、約50年に渡るキャリア、ブランド・パワーにより、まぎれもないヒープ・サウンドとして鳴っているのがさすがです。

 

独特のコーラス・ワーク、印象的なキーボードのリフも健在、更に日本では82年の「魔界再来」以来の邦題が復活。

 

「異端審問」と冠せられ、各曲にも70年代的センスの邦題が与えられました。

 

ジャケットはモダン・アート界で注目されているポーランドのイゴール・モルスキー。

 

こちらも実に印象的なデザインで、かつてロジャー・ディーンがバンドのイメージを膨らませたのと同レベルの完成度と思われます。

 

DREAM THEATERが起用しそうな予想もされ、今後ロック界でも注目されていくイラストレーターではないでしょうか。

 

 

 

« WARRANT LOUDER HARDER FASTER | トップページ | VAN HALEN WOMEN AND CHILDREN FIRST »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WARRANT LOUDER HARDER FASTER | トップページ | VAN HALEN WOMEN AND CHILDREN FIRST »