フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« STEEL PANTHER LOWER THE BAR | トップページ | TORME DEMOLITION BALL »

2020年6月15日 (月)

DREAM THEATER TRAIN OF THOUGHT

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

ドリーム・シアターの2003年作、「2003トレイン・オブ・ソート」、入荷しました。

1_000000001613

ショップはこちら

 

大プログレ路線が続いていたドリーム・シアターが、ヘヴィ・メタル大会を突如として始めたかの様なアグレッシヴなアルバムです。

 

前作のラスト・ナンバーのフェイド・アウトを受け、そのままオープニングでフェイド・インへと繋げるというお約束は踏襲されているものの、まるでメタリカを思わせるリフの応酬が期待を高めます。

 

他にも彼等が敬愛するアイアン・メイデンやオジー等の王道メタル魂が随所に見受けられ、彼等にメタリックなエッジを求めていたファンを魅了したと思います。

 

モノクロのジャケット・アートに象徴される様に、ミステリアスかつダークな雰囲気で統一はされていますが、彼等のドラマ性に満ちたメロディ・センスはアルバム後半で全開となっています。

 

ミステリアスなチェロを大胆に導入したナンバー、「Vacant」の物悲しい旋律から本作は一気にクライマックスへドラマチックに向かって行きます。

 

10分を超えるプログレ・ハード・インスト、「Stream Of Consciousness」の言いようの無い高揚感、そしてラスト・ナンバーとなる「In The Name Of God」の美しく燃え上がる様なメロディに、このバンドの本領をまざまざと思い知らされる事となります。

 

前半のメタリック指向、そして後半のメロディ至上主義という構成も見事で、彼等のテクニカルな側面をより一層際立たせている気がします。

 

 

« STEEL PANTHER LOWER THE BAR | トップページ | TORME DEMOLITION BALL »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« STEEL PANTHER LOWER THE BAR | トップページ | TORME DEMOLITION BALL »