フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« PRAYING MANTIS THE JOURNEY GOES ON | トップページ | QUEENSRYCHE TAKE COVER »

2020年6月 4日 (木)

BOW WOW LOCUS 1976-1982 BOW WOW BEST SELECTION

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

バウワウの「ローカス 1976-1983 BOW WOW ベスト・セレクション」、入荷しました。

1_000000006433

ショップはこちら

 

BOW WOWの初のオフィシャル・ベスト盤となった1枚で、アルバム・タイトル通り、デビューからVOW WOWへの進化前までのキャリアをまとめたものです。

 

正確に言うならば、このバンドの特殊性でもあるアイドル路線時代は無視されていて、完全なるHR/HM時代のベストとなっています。

 

従って78年作のサード、「CHARGE」から始まり、「GUARANTEE」、「GLORIOUS ROAD」、「TELEPHONE」、そして「組曲Xボンバー」からの収録曲は含まれていません。

 

70年代の先駆者としてのインパクトに溢れた初期2枚、(「吼えろBOWWOW」、「SIGNAL FIRE」)、そしてジャパメタ黎明期の重要な作品となった81年のメタル復帰作、「HARD DOG」以降から始まる彼等の後期3枚のアルバムからのセレクトとなっています。

 

特に最高傑作と言えるであろう、82年の80年代BOW WOWの最終作、「WARNING FROM STARDUST」からのナンバーが5曲含まれていて、彼等の充実した後期を知るには最適の編集となっている感があります。

 

LOUDNESSもEARTHSHAKERも不在だった頃から、洋楽指向と本格的バンド・サウンドが当時としてはかなり新鮮であったのと同時に、ジャパメタ・シーンを牽引してきた後の貫禄ぶりはかなり説得力があると思います。

 

弱点とされていたヴォーカルも、実はかなり味わい深いものもあって、VOW WOW時代しか知らない人にとってもかなりインパクトのあるベスト盤と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

« PRAYING MANTIS THE JOURNEY GOES ON | トップページ | QUEENSRYCHE TAKE COVER »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PRAYING MANTIS THE JOURNEY GOES ON | トップページ | QUEENSRYCHE TAKE COVER »