フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« BOW WOW LOCUS 1976-1982 BOW WOW BEST SELECTION | トップページ | CRUE FEST★COMPILATION »

2020年6月 5日 (金)

QUEENSRYCHE TAKE COVER

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

クイーンズライクの2007年作、「テイク・カヴァー」、入荷しました。

4_000000006434

ショップはこちら

 

2006年にはあの大名作の第2幕となった「Operation: Mindcrime Ⅱ」をリリースしたクイーンズライクが、その翌年に発表したカヴァー・ソング集です。

 

ジェフ・テイトとバンドの間に確執が伝えられ、けっして状況は良くなかったはずなのですが、クイーンズライクという特異なバンドのルーツや個性を的確に収録したアルバムとしてファンには実に興味深い内容となっています。

 

ソウル、オペラ、ミュージカル・ソング、フォーク・ロックと幅広いセンスを見せながら、いかにもといった選曲が並んでいます。

 

アレンジは独自解釈といかないまでも、当時の彼等のプログレッシブ・メタル路線、ダークなグルーヴ・メタル・サウンドをベースにした原曲を大きく壊さないものとなっています。

 

またジェフ・テイトのやや低音が目立つようになっていたヴォーカルに合わせている部分もあると思われますが、基本はバンドが楽しんでプレイできるかという点に重きが置かれた感もあります。

 

PINK FLOYDの「Welcome To The Machine」、BLACK SABBATHの「Neon Knights」はお手の物といったこなれ具合、POLICEの「Synchronicity Ⅱ」やPeter Gabrielの「Red Rain」には意外性に驚かされながらも聴き入ってしまう原曲の良さに惹かれます。

 

CSN&Y、Buffalpo Springfield、更にはオージェイズといったメタルからはおよそかけ離れた選曲には首をひねる部分もありますが、QUEENの「INNUENDO」を選ぶあたりはニヤリとさせられてしまいます。

 

U2の「Bullet The Blue Sky」のみはライヴ・テイクとなり、10分を超える熱演を聴かせてくれます。

 

 

« BOW WOW LOCUS 1976-1982 BOW WOW BEST SELECTION | トップページ | CRUE FEST★COMPILATION »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BOW WOW LOCUS 1976-1982 BOW WOW BEST SELECTION | トップページ | CRUE FEST★COMPILATION »