フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« DRIVE, SHE SAID DRIVE, SHE SAID | トップページ | POPULATION1 POPULATION1 »

2020年5月16日 (土)

SAXON THUNDERBOLT

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

サクソンの通算22作目、そして現在のところ最新盤となるオリジナル・スタジオ・アルバム、「サンダーボルト」、入荷しました。

11_000000006415

ショップはこちら

 

日本において国内発売がされるのはなんと9年ぶり、その間3枚のスタジオ・アルバムがリリースされていますが見送られてきました。

 

我等がキング・レコードさん、一体何をしていたんですかと言いたいところですが、欧州での安定した人気ぶりもここ日本では全く通用しないというところでしょうか。

 

いずれにしても40年近い活動歴を誇るN.W.O.B.H.M.の誇り、サクソンは現在も全く錆びる事なく高性能メタル作品を安定供給してくれているわけです。

 

昨今の彼等の王道路線と言える勇壮な歌詞とアレンジによるパワー・メタル、そして従来のバイカーズ・メタルらしさと言える名曲「And The Band Played On」に代表されるようなメタル・バンドの人生そのものを歌ったストリート感覚。

 

ミドル・テンポでの重量感とスラッシュ以前に確立した疾走感、印象的なリフ・メイカーとしてのセンスも変わらず、それが全く古臭く響かないのもライヴ・バンドとして培ってきた現役感の成せる業なのでしょう。

 

ほぼ同期とも言えるMOTORHEADのレミーを歌った「They Played Rock And Roll」(レミーの声までSEとして収録されています)、AMON AMARATHのヨハン・ヘッグをゲストに迎えたデスへの接近等、ハイライトとなるナンバーは多いのですが、やはりオールド・ファンとしてはアルバム終盤の2曲に惹かれる事になると思います。

 

「Speed Merchants」はバイカーズにとっては王道SAXON節と言えるスピード・ナンバー、そして「Roadies' Song」はもう一つのSAXON節と言える男泣きのできる哀愁メタル。

 

80年代の全盛期の個性であったこの二本柱も捨てる事なく、更に新たに確立したヒロイック・メタル路線の壮大な世界観。

 

これらをバランス良く仕上げる手腕と、もうすぐ70歳を迎えようとしているビフ・バイフォードの驚くべきメタル・ヴォイス。

 

まだまだこのバンドに期待していいと信じられる、ベテランの凄みを見せつけられる力作ではないでしょうか。

 

 

« DRIVE, SHE SAID DRIVE, SHE SAID | トップページ | POPULATION1 POPULATION1 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DRIVE, SHE SAID DRIVE, SHE SAID | トップページ | POPULATION1 POPULATION1 »