フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« ZZ TOP RHYTHMEEN | トップページ | DAMN YANKEES DAMN YANKEES »

2020年5月 9日 (土)

GRAND FUNK RAILROAD GRAND FUNK

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

グランド・ファンク・レイルロードの「グランド・ファンク」、入荷しました。

4_000000006409

ショップはこちら

 

69年8月25日、「ON TIME グランド・ファンク・レイルロード登場」でデビューしたG.F.R.。

 

ツェッペリンの前座を務め、そのド迫力ライヴで一気に名を広めた彼等が、前作から僅か4か月後にリリースしたセカンド・アルバムです。

 

ビルボード最高位11位となった本作は、パワー・トリオとしてのタイトで分厚いバンド・サウンドを軸に、70年代を目前にした荒ぶる魂をそのまま音にした様な混沌としたインプロが時代を如実に現した力作となりました。

 

英国のアート・ロックの影響もあったのか、アルバム後半はほぼ全てが7分を超える大作ばかり、各パートがスリリングに展開していきます。

 

その反面、歌メロはアメリカン・ハードらしい大らかなメロディが目立ち、当時のブリティッシュ・ハード勢のヘヴィ・ブルース大会とはまた違った魅力が新鮮だったと思われます。

 

奇しくもブラック・サバスの初期代表曲と同名タイトルとなった「PARANOID」は、SEやトリップ感覚満載のギターが印象的なナンバーで、スピードに頼らない初期型メタルとも言えそうです。

 

G.F.R.の方がサバスより数ヶ月先にリリースしているのですが、両者の「PARANOID」を比較する事と英米の空気感の差が感じ取れるのも興味深いところです。

 

またライヴのハイライトの一つとなった「Inside Looking Out 孤独の叫び」は本作中唯一のカヴァー曲、元々はトラディショナル・フォークであった曲をアニマルズが66年に改作、ヒットさせたナンバーです。

 

9分半に渡る大ハード・ロック大会となったこのカヴァー、アルバムのラストを飾るに相応しい強烈なフックを持っています。

 

« ZZ TOP RHYTHMEEN | トップページ | DAMN YANKEES DAMN YANKEES »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ZZ TOP RHYTHMEEN | トップページ | DAMN YANKEES DAMN YANKEES »