フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« AEROSMITH PERMANENT VACATION | トップページ | GRAND FUNK RAILROAD GRAND FUNK »

2020年5月 8日 (金)

ZZ TOP RHYTHMEEN

6_000000006408

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

96年作、当時すでに四半世紀に渡ってシーンのトップで活躍し続けてきたZZトップの通算12作目となったアルバム作、「リズミーン」、入荷しました。

 

ショップはこちら

 

94年にリリースされた「ANTENNA」は、約11年在籍してきたWARNERからRCAへと移籍した第1弾アルバムで、80年代のWARNER時代のシンセ装飾を僅かに残しながらも彼等の原点であるブルース、ハード・ブギ路線回帰を果たしたものでした。

 

同年にリリースされたコンピレーション、「ONE FOOT IN THE BLUES」もレコード会社との契約消化とも見れる企画盤ではありましたが、裏ベストと言えるブルース・ナンバーばかりを集めた内容でした。

 

そうした経緯もありながら、いよいよブルースへの本格的な復帰作となったのがこのアルバムと言えるでしょう。

 

オープニングのアルバム・タイトル・トラックからゴリゴリのハード・ナンバーが炸裂、これまでどこか国民的人気バンドとしての人懐っこさがあった様にも思えますが、本作では女子供を寄せ付けないようなストイックさ、無愛想ぶりが目立ちます。

 

単に渋みだけで押すのではなく、ギター音の処理、昨今珍しいクールなブギ一辺倒によるブレの無さ等、どこかモダンな時代感覚も見て取れる触感のためか、オールド・ファンはもちろん、オルタナ以降の新世代ファンにも新鮮に響くかもしれません。

 

興味深いのは「My Mind Is Gone」なる、一見ストレートなハード・ロック・ナンバーでしょう。

 

作曲クレジットにはなんとスティーヴィー・ワンダー、そしてNIGHT RANGERに一時在籍していたゲイリー・ムーン(MOON RANGERと揶揄された暗黒時代だったかもしれません)の名前が並んでいます。

 

一体どういう経緯でこの曲が生まれたか不明すが、本作の中でもかなりゴリゴリ、激シブのナンバーとなっていますので必聴と思えます。

 

 

« AEROSMITH PERMANENT VACATION | トップページ | GRAND FUNK RAILROAD GRAND FUNK »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AEROSMITH PERMANENT VACATION | トップページ | GRAND FUNK RAILROAD GRAND FUNK »