フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« POPULATION1 POPULATION1 | トップページ | GIUFFRIA SILK AND STEEL »

2020年5月18日 (月)

ACTION MYSTIC BLUE

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

アクションの「ミスティック・ブルー」、入荷しました。

7_000000006416

ショップはこちら

 

2005年、16年ぶりとなった「GUILTY ROSE」で復活したアクション、80年代のジャパメタ全盛期を知る人なら甘くせつないグラマラス・バンドとして胸がときめいた事だと思います。

 

オリジナル・メンバーである高橋ヨシロウ、大谷ケイイチの二人を軸に、本作では更に初代ドラマーの秋田鋭次郎が復帰、現在のところ最新作となる2007年にリリースされたアルバムです。

 

「誘惑の罠」、「ちょっと気まずいね」、「びびった・・・」等々、曲タイトルのセンスのも相変わらず、LAメタル真っ青の80’sサウンドの中、歌メロが流れ始めると一気に歌謡ハード・ポップ調へと加速するダイナミズムも少しも変わっていません。

 

更に今回は84年のデビュー・ミニ・アルバム、「ACTION! KIT」に収録され代表作としても名高い「ACTION! 100,000VOLT」をリレコーディングしています。

 

20年以上絶っても最新曲と並んでも全く違和感の無いブレの無さ、グラム、バブルガム・ポップをベースにしながらHR/HMのキラキラ感を当初から貫いていたのには頭が下がる思いにさせられます。

 

リーダーであり、ほとんどの作曲を手掛ける高橋ヨシロウ氏の元々持ち合わせていたポップ・センスは、かつてアン・ルイスへの楽曲提供で知られていますが、キッチュにも成りかねない怪しくて妖しいメロディ・メイカーぶりは錆びる事を知らないようです。

 

早川めぐみ、金子美香、須藤和美、そしてあの大女優、深津絵里といった女性達に器用されたのも、そうしたエキセントリックな魅力が買われたからではないでしょうか。

 

一歩ま間違えれば昭和昭和かよ昭和歌謡ポップスにもき聴こえてしまうベタなメロディ、80年代メタルのツボを知り尽くしたアレンジとバンド・サウンドの融合は、唯一無二の才能であると言えるでしょう。

 

KISSやPOISONに通じるパーティー・ロックとしてのエッセンスも多分に含み、時代遅れと言われる事もおそらく全く気にせず、職人的気質も見せながら突っ走る姿は眩いばかりです。

 

高橋氏のサイド・プロジェクトの活動も伝えられていますが、アクションとしての新作が待ち望まれるところです。

 

 

« POPULATION1 POPULATION1 | トップページ | GIUFFRIA SILK AND STEEL »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« POPULATION1 POPULATION1 | トップページ | GIUFFRIA SILK AND STEEL »