フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR


« DIO INTERMISSION | トップページ | GEORDIE DON'T BE FOOLED BY THE NAME »

2020年5月29日 (金)

ENUFF ZNUFF PARAPHERNALIA

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

イナフ・ズナフの98年作、通算8作目となったスタジオ・アルバム、「パラフェルネイリア」、入荷しました。

7_000000006427

ショップはこちら

 

彼等らしいパワー・ポップとドリーミーなメロディをHR/HM寄りのアプローチでまとめた快作です。

 

前作は日本ではチップ・アンド・ドニー名義の「ブラザーズ」という形でリリースされましたが、アメリカではENUFF ZNUFFの「SEVEN」となった等、彼等のキャリアはマニアにとっても複雑なものとなっていきます。

 

本作も日本先行リリースとなり、そのせいかジャケット・デザインが海外盤と異なるものとなっています。

 

どうも十分なサポートを得られない苦しい時期が続いていたようで、それもこれも彼等の頑なな姿勢にあると思われます。

 

BEATLES、CHEAP TRICK譲りの音楽性を貫き通すストイックさは最早職人気質、それにより根強いファンをここ日本でも引っ張り続けているのでしょう。

 

そのチープ・トリックのリック・ニールセンが①⑧⑩の3曲でゲスト参加、すぐに彼とわかるソロを聴かせてくれています。

 

更にはチープ・トリック・ファンには嬉しい通好みのする「EVERYTHING WORKS IF YOU LET IT」のカヴァーを収録。

 

元々サントラ提供曲で、日本では「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」の邦題でシングル・カットされた佳曲です。

 

また⑩ではSTYXきってのハード・ロッカー、ジェイムズ・ヤングが参加、相変わらずギンギンに弾きまくってくれています。

 

このバンドのアルバムはどれも良質なポップ・センスに溢れているのですが、特に本作は「AIN'T IT FUNNY」、「BABY YOU'RE THE GREATEST」、「ALL ALONE」」等の哀愁センスが秀逸なため、ビギナーには強くオススメしたい1枚です。

 

 

« DIO INTERMISSION | トップページ | GEORDIE DON'T BE FOOLED BY THE NAME »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DIO INTERMISSION | トップページ | GEORDIE DON'T BE FOOLED BY THE NAME »