フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« JOHN WETTON & RICHARD PALMER JAMES MONKEY BUSINESS 1972-1997 | トップページ | TANK THE RETURN OF THE FILTH HOUNDS-LIVE »

2020年4月20日 (月)

HELLOWEEN BETTER THAN RAW

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

ハロウィンの98年作、通算8作目となったアルバム、「ベター・ザン・ロウ」、入荷しました。

4_000000006394

ショップはこちら

 

「Master Of The Rings」、「The Time Of The Oath」と続いたアンディ・デリス、ウリ・カッシュを迎えた新体制は、更なる進化をここで遂げています。

 

前述の2人の作曲面での貢献度は前2作でもすでに証明済みでしたが、本作でも異なる個性ながらHELLOWEENらしさをより強調する結果を残しています。

 

ハイスピードどヘヴィな質感をこれでもかと煮詰めようとするウリのアグレッシブなスタイルと、メロディ重視における哀愁感の権化であるアンディのセンス。

 

そして彼等が生み出したドラマ性に富んだパワー・メタル路線も従来通りなのですが、個性的な作曲者に恵まれているため一本調子にならないのが新たな強みとなったようです。

オープニングから荘厳なオーケストレーションが期待感を煽り、これまでにない程ヘヴィな展開を見せる「Push」へとなだれ込む構成は見事、以降起伏に富んだ曲群に圧倒される事になります。

 

硬質かつ高速になったリフが多用されるようになったものの、メロディはあくまでも最も彼等らしい旨味を残したものとなっているため、新境地と言うよりは安定感を増したイメージが強いのですが、ここは意見の分かれるところかもしれません。

 

シングルとなった「Hey Lord」と「I Can」のメロディアス・ハード色、「Falling Higher」や「Revelation」のパワー・メタル色、そのどれもがこのバンドの個性として両立しているのが奇跡的ですらあります。

 

 

 

 

« JOHN WETTON & RICHARD PALMER JAMES MONKEY BUSINESS 1972-1997 | トップページ | TANK THE RETURN OF THE FILTH HOUNDS-LIVE »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JOHN WETTON & RICHARD PALMER JAMES MONKEY BUSINESS 1972-1997 | トップページ | TANK THE RETURN OF THE FILTH HOUNDS-LIVE »