フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« RTZ RETURN TO ZERO LOST | トップページ | DAVID LEE ROTH A LITTLE AIN'T ENOUGH »

2020年4月 3日 (金)

KIP WINGER SONGS FROM THE OCEAN FLOOR

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

WINGERでの活動停止中、2001年にリリースされたキップ・ウィンガ―のソロ第3弾、「ソングス・フロム・ジ・オーシャン・フロアー」、入荷しました。

6_000000006377

ショップはこちら

 

前作は彼のミュージシャン気質を露わにしたアコースティック・アルバムでしたが、本作ではストリングスの導入、そしてキップのキーボーディストとしてのセンスも目立つ、メロディック・ロック集となっています。

 

全体的にダークで内省的なトーンで統一されていますが、この人の独特のメロディ・センスや美意識により、HR/HMの枠を超えたアダルトなテイストが上品で重厚なイメージを強調しています。

 

翳りのある哀愁ヴォイスも手伝い、暗くなり過ぎない程度の言わば静の魅力がWINGER時代にも見受けられたのですが、ソロ・ワークではバック・トラックだけ聴けば、ピーター・ガブリエルやデヴィッド・ボウイとも通じるアーティスティックなサウンドに気づかされます。

 

レブ・ビーチ、ロッド・モーゲンスタイン、ジョン・ロスといったWINGER組、ファースト・ソロ作にも参加していた元DANGER DANGERのアンディ・ティモンズのゲストにより、バックはメロディアス・ハードとしてのエッジは保っています。

 

変わったところでは「Sure was a wildflower」でヴォーカルを聴かせるムーン・ザッパ(女優としても活動、フランク・ザッパの長女)のゲスト参加も見られます。

 

ミステリアスで深く美しいメロディ・メイカーぶりを発揮するのは以降のソロ作、あるいは復活後のWINGERでも踏襲されていく事になります。

 

静かにゆっくりと燃え上がる様な冷たい炎の様なドラマ性は、この人ならではの個性なのでしょう。

 

日本盤ボーナス・トラックはあの聴名曲、「Headed For A Heartbreak」のライヴ・ヴァージョンとなっています。

 

 

« RTZ RETURN TO ZERO LOST | トップページ | DAVID LEE ROTH A LITTLE AIN'T ENOUGH »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RTZ RETURN TO ZERO LOST | トップページ | DAVID LEE ROTH A LITTLE AIN'T ENOUGH »