フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« TANK THE RETURN OF THE FILTH HOUNDS-LIVE | トップページ | MONKEYHEAD MONKEYHEAD »

2020年4月22日 (水)

44MAGNUM 44MAGNUM

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

2002年に復活、多くのファンを喜ばせた44MAGNUMが様々な困難な状況を乗り越えて7年ぶりにリリースした通算7作目のアルバム、「44MAGNUM」、入荷しました。

6_000000006396

ショップはこちら

 

吉川”BAN”裕規が脱退、そして梅原”PAUL”達也が難病を患っている事を公表、衝撃的な展開に驚いた方も少なくないはずです。

 

そんな中再復活を果たしたバンドは、ベースに元La'cryma ChristyのSHUSE、そしてPAULの息子であるStevieを新たに加え、5人体制となります。

 

新生44MAGNUMとしてツイン・ヴォーカル、そして原点回帰と言えるバンド・サウンドを売りに、オールド・ファンを歓喜させるだけでなく、新たなファン層をも取り込む新鮮さを生む事に成功しています。

 

オープニングの「IN THE END」、続く「IT IS JUST SUCH A FEELING」では、誰もが望む80年代44MAGNUMが復活、このまま突っ走るかと思いきや、さすがに新機軸、あるいはポップ展開した頃の彼等の集大成とも言える展開も見せてくれます。

 

「IN MY MIND」は良質のAOR、シティ・ポップという言葉を思い出す程の爽やかなシーサイド・ミュージック、「Dear Mr.KING OF POP」は当時世界中が死を悼んだM.J.に捧げられたビートル・ライクなバラードと、HR/HMのジャンルを超えた音楽性の幅を披露してくれています。

 

コンパクトながらタイトかつアグレッシブなサウンドに、衰えを感じさせないヴォーカル、そして初期44MAGNUM特有のツンノメリ型のスタイルも健在。

 

セルフ・タイトル作に相応しい復活ぶり、そして現役感覚バリバリの貪欲な実験性も手伝い、今後の彼等に大きな期待を抱かせる意欲作となっています。

 

« TANK THE RETURN OF THE FILTH HOUNDS-LIVE | トップページ | MONKEYHEAD MONKEYHEAD »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TANK THE RETURN OF THE FILTH HOUNDS-LIVE | トップページ | MONKEYHEAD MONKEYHEAD »