フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« RENAISSANCE CAMERA CAMERA | トップページ | MOLLY HATCHET DEVIL'S CANYON »

2020年4月 6日 (月)

THE BLACK CROWES BY YOUR SIDE

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

ブラック・クロウズの通算5作目となったアルバム、「バイ・ユア・サイド」、入荷しました。

1_000000006379

ショップはこちら

 

原点回帰とも言えるストレートなハード・ロック色が目立つ1枚です。

 

前作からは2年ぶり、COLUMBIAへの移籍、メンバー・チェンジという転機を経て、レイドバック感が強かった「Three Snakes and One Charm」から一転、年齢相応の元気とスピード感が感じられます。

 

ジョー・ペリーが推薦したというプロデューサー、ケヴィン・シャーリーの適格なサウンド・プロダクションも手伝い、ブルージーな彼等の魅力をスポイルさせ、アメリカン・ハードのダイナミズムをパッケージする事に徹したものと思われます。

 

シングルとなった「Kickin' My Heart Around」、「Go Faster」は、そんな事もあり70年代のエアロスミスを彷彿させるナンバーとなっています。

 

21世紀を目前にして、これ程までにけれん味の無いオーソドックスなハード・ロックを鳴らしていたのは、ある意味奇跡的とも思えます。

 

ギタリストがリッチ・ロビンソンのみとなる5人編成となった事により、バンド・サウンドがかなりシンプルになった気もしますが、その分表情豊かなギターが増え、バラエティに富んだ音色が見られます。

 

「Only A Fool」や「Diamond Ring」といったメロウなセンスが新たな魅力となっていて、このバンドの奥の深さに改めて気づかされます。

 

更にビッグ・バンド風のアレンジが盛り上げてくれる大合唱バラード、「Welcome To The Goodtimes」等は、ロッド・スチュワートあたりが羨む程の名曲になっていると思います。

 

2015年初頭、二度目となる解散宣言がされ、ロビンソン兄弟の苛烈を極める確執も伝えられているので、今後バンドの復活は望めないのかもしれませんが、実にカッコいいバンドであるだけに残念でなりません。

 

 

 

« RENAISSANCE CAMERA CAMERA | トップページ | MOLLY HATCHET DEVIL'S CANYON »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RENAISSANCE CAMERA CAMERA | トップページ | MOLLY HATCHET DEVIL'S CANYON »