フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« JIMMY PAGE & THE BLACK CROWES LIVE AT THE GREEK | トップページ | GOTTHARD ONE LIFE ONE SOUL BEST OF BALLADS »

2020年3月 8日 (日)

JEFFERSON STARSHIP RED OCTOPUS

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

75年作、ジェファーソン・エアプレインからジェファーソン・スターシップへと改変後のセカンドとなったアルバム、「レッド・オクトパス」、入荷しました。

4_000000006354

ショップはこちら

 

エアプレイン時代には成し得なかった全米チャート1位となった作品で、AOR化、プログレ・ハード化する前の彼等が残したゴージャスなバンド・サウンドとアート性が見事にポップ・フィールドで結実した名盤だと思われます。

 

71年にエアプレインを離脱したマーティ・バリンが復帰、グレイス・スリックとの二枚看板を売りにしたミステリアスかつ濃厚なロック・バンドのイメージを確立します。

 

後にソロで「ハート悲しく」の大ヒットを生んだマーティは、本作では彼の単独作となる「Miracles」がシングル・チャート3位となっています。

 

まさに「ハート悲しく」の予兆を感じさせる、アダルトなバラードの名曲です。

 

彼はやはり印象的なメロディを持つバラード、「Tumblin'」でも哀愁ヴォーカルを聴かせてくれています。

 

ミッキー・トーマスを擁したSTARSHIPではNo.1ヒットを連発したわけですが、ジェファーソン・スターシップとしては最大のヒット曲となりました。

 

「AI GARIMASU」は「愛がアリマス」と日本語と思われるタイトルが冠せられたグレイス作のバラードで、彼女のエキセントリックな魅力と大らかなメロディが印象的な佳曲となっています。

 

全体的にはバイオリン奏者を擁している強みを生かしたサウンドと、アメリカン・ロックらしい広がりを見せる高揚感が特徴的で、カントリー、ハード・ロックの要素も取り入れたバラエティに富んだ内容となっています。

 

ヒッピー文化の象徴となったサイケ・ロック・バンドから、一気にスケールの大きいロック・バンドへと昇華したサウンドと言うべきで、アメリカン・ロック史を語る上でも無視できない1枚だと思います。

 

 

« JIMMY PAGE & THE BLACK CROWES LIVE AT THE GREEK | トップページ | GOTTHARD ONE LIFE ONE SOUL BEST OF BALLADS »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JIMMY PAGE & THE BLACK CROWES LIVE AT THE GREEK | トップページ | GOTTHARD ONE LIFE ONE SOUL BEST OF BALLADS »