フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« MAKE-UP ROCK LEGEND OF BOYS & GIRLS | トップページ | REVOLUTION SAINTS LIGHT IN THE DARK »

2020年3月19日 (木)

RED DRAGON CARTEL RED DRAGON CARTEL

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

ジェイク・E・リーがBADLANDS以降バンド名義で復活した事で話題になった、レッド・ドラゴン・カーテルのデビュー作、「レッド・ドラゴン・カーテル」、入荷しました。

6_000000006364

ショップはこちら

 

我等がジェイクは96年に初ソロ名義アルバムをリリース、その後2005年にカヴァー・アルバムを発表。

 

そしてなんと2009年にはENUFF ZNUFFのアルバムに参加、そのまま固定メンバーとして収まるのかと思われましたが、それ以降は目立ったニュースがありませんでした。

 

元々はソロ作品として制作が始まったようですが、その完成度にバンドを結成、そうして2013年にリリースされたのが本作となります。

 

オープニングからオジー時代のジェイクを思わせる独特のリフが炸裂、80年代の香りをプンプンさせる「Deceived」を聴いた瞬間胸躍らせるファンも少なくないでしょう。

 

ヴォーカルも完全にオジーを意識しているのもご愛敬といったところでしょうが、ヴォーカリストはなんとあのHAREM SCAREMのオリジナル・ドラマーのダレン・スミス。

 

彼は古巣のハーレム・スキャーレムにベーシストとして復帰した事もあり、このレッド・ドラゴン・カーテルでは器用なヴォーカリストとして活動を並行しています。

 

更にゲストとしてIRON MAIDENの初代ヴォーカリスト、ポール・ディアノ、サミー・ヘイガ―脱退後に後任としてエディとジャム・セッションをしていたとされるカナダの女性シンガー、サス・ジョーダン等が迎えられています。

 

そして最も意外なゲストは、「Feeder」で参加しているCHEAP TRICKのロビン・ザンダーとトム・ピーターソンでしょう。

 

元々チープ・トリックを思わせるダークでポップなメロディを持つこの佳曲、是非ロビンに歌ってほしいというジェイクの希望からこの合体が実現したそうです。

 

ツェッペリンや初期サバスのエッセンスを感じさせる70年代感覚、前述の80年代的アプローチも加え、モダンな王道アメリカン・ロックのテイストも交えながら、曲調はかなりバラエティに富んでいますが、ジェイクの元気なギターが縦横無尽に駆け回る様は圧巻です。

 

オジー時代、そしてBADLANDS時代を経て、ジェイクの第三の栄光がここから始まったと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

« MAKE-UP ROCK LEGEND OF BOYS & GIRLS | トップページ | REVOLUTION SAINTS LIGHT IN THE DARK »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MAKE-UP ROCK LEGEND OF BOYS & GIRLS | トップページ | REVOLUTION SAINTS LIGHT IN THE DARK »