フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« HAWKWIND SILVER MACHINE | トップページ | APRIL WINE FRIGATE »

2020年3月11日 (水)

STRATOVARIUS INFINITE

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

2000年作、ストラトヴァリウスの通算8作目となったアルバム、「インフィニット」、入荷しました。

5_000000006357

ショップはこちら

 

日本ではクサメタル、メロパワ、メロスピと愛されてき一定層の安定した人気に支えられてきましたが、イングヴェイ、ハロウィン以降のネオクラシカル・シーンの中ではB級的な扱いがあったのも否定できないと思われます。

バンド初期を支えてきティモ・トルキの強烈なキャラが音楽性意外の部分でも注目されてきたせいもあると思いますが、欧州、特に北欧勢のパワー・メタル群がに登場してきた事も原因であったのではないでしょうか。

 

 

そんな中でストラトヴァリウスが一つ頭が抜き出た印象を強くしたのが本作で、クサメロと揶揄されがちなメロディアス指向もここでは一気に洗練されています。

 

本国フィンランドではもちろん1位、日本やドイツでも変わらぬ人気を獲得しています。

 

スピードよりもメロディの充実ぶり、湿り気に加え陽性のポップ性も加わり、アルバム全体のキラキラ感がとにかくバンドの進化を感じさせてくれます。

 

オープニングの「Hunting High And Low」や「A Million Light Years Away」等は、北欧らしいメロディを残しながらサビ大合唱必至のキャッチ―さが耳を惹きます。

 

GAMMA RAY、あるいはQUEENを彷彿させる大曲の「Mother Gaia」や、ラスト曲となる壮大なバラードの「Celestial Dream」のメロディ・メイカーとしてのセンスも抜群です。

 

もうパクリ、にばん二番煎じとは言わせない、そんな気迫さえかんじ感じ取れる力作です。

 

 

 

« HAWKWIND SILVER MACHINE | トップページ | APRIL WINE FRIGATE »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HAWKWIND SILVER MACHINE | トップページ | APRIL WINE FRIGATE »