フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« KANSAS ALWAYS NEVER THE SAME | トップページ | NAVY SEALS ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK »

2020年3月 4日 (水)

QUEENSRYCH EMPIRE

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

90年作、QUEENSRYCHEの通算4作目となったアルバム、「エンパイア」、入荷しました。

6_000000006349

ショップはこちら

 

彼等最大の売上を誇ったヒット作です。

 

日本では当時、まだバンド名の表記が「クイーンズライチ」の頃で、本作のインパクトがあまりに強かったため、彼等の事を今だにライチとして記憶する人も多いのでは、と思われます。

 

前作の「Operation: Mindcrime」で、社会性に満ちたストーリーを、SF、サスペンス、そしてクールなメタル・サウンドで、見事にエンタテインメントとして昇華させた彼等は、本作では各曲が独立した短編小説の様な作りながらも、更に洗練されたサウンドを完成させています。

 

80年代メタルの喧騒を冷ややかな視点で尻目にしながら、キャッチーとも言えるメロディを惜しげも無く構築する彼等の手腕は実に見事でした。

 

大ヒット・シングルとなった「静寂 Silent Lucidity」は、まるでPINK FLOYDの「THE WALL」の収録曲の様な美しさを誇り、彼等のプログレッシヴ・メタルという側面の認知化を加速させる事になります。

 

アメリカの現状に対する社会的メッセージをあくまでもストーリーの副題としてのみ使用する文学性も優れていたと言え、本作のトータル・イメージを深遠なものにしていると思います。

 

日本ではかなり豪華なブックレットが付属する事になり、当時の彼等に対する期待がいかに大きかったかが伺えます。

 

伊藤政則氏の「ヘビイ・メタルという音楽は、まだまだ可能性をひめていることを、彼らは見事に立証した。(原文ママ)」という叩き文句がまさにピッタリで、混迷期に突入していくメタル・シーンに未来を見せてくれた1枚だと思います。

 

 

 

« KANSAS ALWAYS NEVER THE SAME | トップページ | NAVY SEALS ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KANSAS ALWAYS NEVER THE SAME | トップページ | NAVY SEALS ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK »