フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« HONEYMOON SUITE LEMON TONGUE | トップページ | LOUDNESS BREAKING THE TABOO »

2020年2月28日 (金)

OZZY OSBOURNE BARK AT THE MOON

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

83年作、ランディ・ローズの悲劇的な事故死を乗り越える様に、更にメタルの極端な面を強調したオジーのサード・アルバム、「バーク・アット・ザ・ムーン 月に吠える」、入荷しました。

1_000000006342

ショップはこちら

 

ジェイク・E・リーという優れたギタリストを得て、狼男として復活したオジーはメタリックなサウンドを強化しています。

 

ボブ・デイズリー(オリジナル・ミックスのみ参加)、ドン・エイリーも復帰し、ドラマチックなバンド・サウンドも見事なものとなっています。

 

サバス時代にも垣間見せていた情緒感がここで再び芽生えたのか、当時のオジーの心境を吐露するかの様な壮大なバラード、「So Tired」の異色さにも驚かされました。

 

LAメタルが全盛期を迎えようとしていた中、当時のメタルらしいメタル、を体現していた1枚です。

 

尚、他のアルバムのリマスター化と同時に、本作もベースとドラムは差し替え、現メタリカのロバート・トゥルージロ、そしてマイク・ボーディンが参加しています。

 

また一部イントロやアウトロが、オリジナル・ミックスとは異なる曲も含まれています。
(「You're No Different」のエンディングがフェイドアウトではなくなり、「Centre Of Etenity」のイントロがよりドラマティックなものとなっています。)

 

追加収録として、「Spiders」、「One Up The "B" Side」の2曲がボーナス・トラックとなっています。

 

 

 

« HONEYMOON SUITE LEMON TONGUE | トップページ | LOUDNESS BREAKING THE TABOO »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HONEYMOON SUITE LEMON TONGUE | トップページ | LOUDNESS BREAKING THE TABOO »