フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« STRATUS THROWING SHAPES | トップページ | JOHN WAITE ROUGH & TUMBLE »

2020年2月 9日 (日)

BON JOVI THIS HOUSE IS NOT FOR SALE LIVE FROM THE LONDON PALLADIUM

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

最新スタジオ・アルバム、「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE」リリースから僅か1か月足らず、ボン・ジョヴィが突如としてリリースしたライヴ・アルバム、「ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール ライヴ・フロム・ザ・ロンドン・パラディアム」、入荷しました。

1_000000006323

ショップはこちら

 

大物バンドとしては異例のリリース・ラッシュとなりましたが、さすがは我らがBON JOVI、やる事が実に大胆かつ革新的と思わせるライブとなっています。

 

ライヴ・リスニング・パーティーと称して行われたショーは、なんと新作リリース前にアルバム完全再現となったフル新曲ライヴでした。

 

ボーナス・トラックまでプレイするサービスぶり、当日はアンコールで「Who Says You Can't Go Home」、「Bad Medicine」がアンコールで披露されたそうですが、本作ではカットされる事でこの特別なライヴの性格を強めています。

 

ジョン、デヴィッド・ブライアン、ティコ・トーレス、そして晴れて正式メンバーとして迎えられたヒュー・マクドナルド、フィル・X。

 

久々に5人体制としてバンドがプロモートされましたが、ライヴでのサウンドもその絆が強調されているかの様なまとまりが見事です。

 

2018年来日公演にも帯同したプロデューサーも兼ねるジョン・シャンクスのギター、パーカッショニストのエヴェレット・ブラッドリーもバンド・サウンドに深みを与えてくれています。

 

ロンドン、トロント、ニュージャージー、ニューヨークで全4公演となった貴重なライヴ、本作ではロンドンでの音源を収録、全曲が各1話となるストーリーの様に流れ、極上のロック・ショーとなっているのは言うまでもないでしょう。

 

 

« STRATUS THROWING SHAPES | トップページ | JOHN WAITE ROUGH & TUMBLE »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« STRATUS THROWING SHAPES | トップページ | JOHN WAITE ROUGH & TUMBLE »