フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« TESLA TIME'S MAKIN' CHANGES | トップページ | OZZY OSBOURNE BARK AT THE MOON »

2020年2月27日 (木)

HONEYMOON SUITE LEMON TONGUE

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

カナダのメロディック・ロックの名バンド、ハネムーン・スイートの前作から10年ぶりのリリースとなった通算5作目、「レモン・タン」、入荷しました。

6_000000006341

ショップはこちら

 

元々5人編成でしたが、ここではヴォーカリストとギタリストの二人組として再生、音楽性もよりピュア・ロック回帰をしていると思われます。

 

インディーズから再出発していますが、翌年には大幅に収録曲を変更、本作から半分程の曲を流用して「Dreamland」のタイトルであのフロンティアーズ・レーベルから再リリースがされました。

 

よりポップ色が強化された感が強い「Dreamland」と比べると、本作の方がよりナチュラルなロック色が強いかもしれません。

 

80年代からスマッシュ・ヒットとなったシングルを持ち、カナディアン・ハード、ポップ・メタルの俊英として知られていたバンドですが、苦しい90年代をくぐり抜けながら、そのポップで爽やかなサウンドは基本変わっていません。

 

ハーレム・スキャーレムにすっかりお株を奪われたと意地悪な言い方もできますが、適度なエッジ、透明感に支えられたバンド・サウンドとアレンジは、カナダの伝統の正統後継者としてもっと再評価されてもいいと思います。

 

実際ハーレム・スキャーレムとの共通点もかなりあると思われ、カナダのメロディック・ロック・シーンを先導してきたのはハネムーン・スイートであった事に改めて気づかされます。

 

元々カリスマ性や突出した個性を売りにしたバンドでは無いはずで、優れたメロディを優れたアレンジで聴かせる事に徹してきた人達だと思います。

 

本作でもその姿勢はまるで職人の仕事の様に貫徹されていて、地味ながらも味わい深いメロディが充実しています。

 

 

« TESLA TIME'S MAKIN' CHANGES | トップページ | OZZY OSBOURNE BARK AT THE MOON »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TESLA TIME'S MAKIN' CHANGES | トップページ | OZZY OSBOURNE BARK AT THE MOON »