フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« MUNETAKA HIGUCHI DESTRUCTION | トップページ | THE CULT THE CULT »

2020年2月23日 (日)

MARI HAMADA PROMISE IN THE HISTORY

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

浜田麻里の通産6作目となった86年作のアルバム、「プロミス・イン・ザ・ヒストリー」、入荷しました。

1_000000003997

ショップはこちら

 

最早誰も追いつく事のできない美声と、ジャパメタ・シーンの中でも一歩飛びぬけたメロディの完成度がピークに達したかと思える1枚です。

 

前作からセルフ・プロデュースとしてサウンド全体をコントロールしていますが、本作でもその手腕は見事で、歌う事だけでなく80年代メタルの可能性をすでに見切っていたかの様なサウンド・プロダクションに驚かされます。

 

H.M. PROJECTのアレンジはゴージャスかつメタリックな統一感を生み出していて、ハード・ポップ調のナンバーも増えた事により、ヘヴィ・メタルにこだわらない、というよりも表現力の幅の広さを改めて証明してくれたのではないでしょうか。

 

以降のこの人のお茶の間での大活躍を予見させるポップ・センス、アイドル的人気を音楽的面で支えるキラキラしたキャッチーさもすでにここで完成されているのですが、個人的には80年代メロディアス・ハードとして世界レベルで通用していたのが重要だったと思います。

 

次作からLA録音をいよいよ試みていきますが、本作で得た自信は相当なものだったと思います。

 

「Come And Go」でのパワフルなシャウト、アルバム・タイトル曲での壮大なバラード、デビュー期のハイ・スピード・メタルを彷彿させる「Time Again」等、全8曲というコンパクトな構成ながらも一気に聴かせてくれるメロディの充実度も半端ではありません。

 

 

« MUNETAKA HIGUCHI DESTRUCTION | トップページ | THE CULT THE CULT »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MUNETAKA HIGUCHI DESTRUCTION | トップページ | THE CULT THE CULT »