フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« AC/DC FOR THOSE ABOUT TO ROCK WE SALUTE YOU | トップページ | MOTORHEAD BLITZKREIG ON BIRMINGHAM '77 »

2020年1月 4日 (土)

MONSTERS OF ROCK 1980

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

今だCD化がされていない、80年代メタル・ファンにとっては悩ましいライヴ・コンピレーション、「モンスターズ・オブ・ロック 1980」、入荷しました。

1_000000001758

ショップはこちら

 

1980年、NWOBHMの隆盛期を象徴するイベンドであり、その後のフェス・ブームの先駆けともなったモンスターズ・オブ・ロックが英国の巨大サーキット場、ドニントンパークで開かれました。

 

メタル市場が盛り上がっていた時代だからこそ実現したビッグ・フェスですが、その記念すべき第1回目は、奇跡的に揃った豪華なラインナップが今も伝説的に語られています。

 

RAINBOW、JUDAS PRIEST、SCORPIONS、SAXON、とブリティッシュ・ハードの新旧のヒーローと、アメリカからはRIOT、TOUCH、そしてカナダからAPRIL WINEが迎えられました。

 

当時はPOLYDOR監修の元、ライヴ盤としてレコード化がされ、ここ日本でもかなり話題になりました。

 

その熱い内容に興奮していたメタル・キッズも相当数存在していたと思われます。

 

残念ながらジューダス・プリーストのみ収録されていませんが、恐らくレコード会社間の大人の事情があったのでしょう。

 

現在でもCD化がされないままで、恐らくこのバンド陣であれば今後もオフィシャル・リリースされる事はないのでは、と思われます。

 

ファンならどうしても聴きたくなってしまうとは思いますが、本作はどうやらそのアナログ盤から起こしたものの様で、音質もけっして良いとは言えません。

 

ただ当時の空気をパッケージしているという点では、やはり貴重を言わざるを得ません。

 

特にレインボーのステージは、グラハム・ボネット在籍時、しかもコージー・パウエルが最後に参加したライヴという事で語り草となっています。

 

商品の性質上、また音質の状態から言って、強くはオススメできないのですが、一聴の価値は十二分にある1枚です。

 

 

« AC/DC FOR THOSE ABOUT TO ROCK WE SALUTE YOU | トップページ | MOTORHEAD BLITZKREIG ON BIRMINGHAM '77 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AC/DC FOR THOSE ABOUT TO ROCK WE SALUTE YOU | トップページ | MOTORHEAD BLITZKREIG ON BIRMINGHAM '77 »