フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« DAVID LEE ROTH CRAZY FROM THE HEAT | トップページ | LYNCH MOB LYNCH MOB »

2019年12月25日 (水)

FOREIGNER INSIDE INFORMATION

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

フォリナーの通算6作目、87年作のアルバム、「インサイド・インフォメーション」、入荷しました。

1_000000006274

ショップはこちら

 

バンドの状態はけっして良くなく、解散の噂がちらつく中ルー・グラムのソロ・アルバムがヒットし、その最中に本作もリリースされています。

 

前年にあたる86年にジャーニーがやはり3年ぶりに新作をリリースした後に大ヒット、そしてバンド崩壊をしていますが、フォリナーも似た様な道を辿る事になります。

 

それでもやはり彼等の不動のメロディは健在で、シングル・カットされた「SAY YOU WILL」は、フォリナー不在のシーンを全く感じさせない程きらびやかでキャッチーな旋律で大衆の耳を奪い、BON JOVI等の80年代組に明け渡した立ち位置を見事取り戻した感はあります。

 

前作で極められたエレクトロニクスとハード・ロックの融合は、ここでも理想的な音となり、メタリックなエッジとキラキラしたシンセの響きがバランス良く配置されています。

 

あくまでもハード・ロック・バンドであろうとするルー・グラムと、バラード、AOR化を促進させようとするミック・ジョーンズの確執が、後に明らかにされていきますが、本作はその両者の個性がギリギリのバランスで保たれ、それがフォリナーというバンドのミステリアスな部分を露呈させたのかもしれません。

 

メロディアスでありながら男臭く、疾走するロック・チューンでも哀愁を漂わせる個性は、残念ながら本作を最後にスポイルされてしまう事となります。

 

 

« DAVID LEE ROTH CRAZY FROM THE HEAT | トップページ | LYNCH MOB LYNCH MOB »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DAVID LEE ROTH CRAZY FROM THE HEAT | トップページ | LYNCH MOB LYNCH MOB »