フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« JERUSALEM SLIM JERUSALEM SLIM | トップページ | KORN ISSUES »

2019年12月 6日 (金)

BLIND GUARDIAN SOMEWHERE FAR BEYOND

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

92年作、ジャーマン・メタル界でも特にファンタジックなストーリー性が強力な個性となっているブラインド・ガーディアンの4作目となったアルバム、「サムホェア・ファー・ビヨンド」、入荷しました。

1_000000001497

ショップはこちら

 

本作でもマイケル・ムアコックやJ・R・R・トールキンの作品をモチーフにした、壮大な世界が描かれています。

 

特に「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビットの冒険」からの影響を露わにしているのは、メタル界でもかなり早い存在だったのではないでしょうか。

 

盟友である当時ガンマ・レイで絶好調であったカイ・ハンセンのゲストもお馴染みとなり、ジャーマン・メタルの幅を拡げた両者の存在は日本でも熱い支持を受ける事となります。

 

メロディック・パワー・メタルという言葉をハロウィンと共に広めたのもこのバンドであったと思いますが、前者が正統派ブリティッシュ・メタルの影響が強かったのに対し、彼等はクイーンからの影響も隠そうとしていないのが特徴かもしれません。

 

ボーナス・トラックとして収録された「Spread Your Wings (永遠の翼)」は、クイーンのカヴァーとしてはかなり通好みのする選曲だと思われます。

 

この曲はジョン・ディーコン作のポップ・バラードですが、こうして聴くと違和感がないのは、元々クイーン節を所々で披露していたからでしょう。

 

本作でも1分に満たない小曲、「Black Chamber」で、その影響をうかがわせます。

 

流麗なギター、疾走するバンド・サウンドの中に、耳を惹きつけて離さないハッとさせるメロディ。
これがメタルが進化してきた中で、新たに生まれた様式美の一つでもあったと思いますが、ファンタジー、SFの世界をドラマティックに描くには、実に最適な方法論でもあるわけです。

 

ブラインド・ガーディアンが安定供給する現実逃避型メタルは、多くのファンがメタルに望むものを熟知しているだけでなく、メタルを愛して止まないピュアに精神性さえ透けて見えてくるのです。

 

それこそが80年代メタルの衰退によって台頭してきた、新たな波でもあったとするのは大袈裟でしょうか。

 

 

 

« JERUSALEM SLIM JERUSALEM SLIM | トップページ | KORN ISSUES »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JERUSALEM SLIM JERUSALEM SLIM | トップページ | KORN ISSUES »