フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« RATT DANCING UNDERCOVER | トップページ | BECK BOGERT APPICE BECK BOGERT APPICE »

2019年12月22日 (日)

ANDY TAYLOR DANGEROUS

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

90

アンディ・テイラーの90年作、「デンジャラス」、入荷しました。

1_010003000053

ショップはこちら

 

元デュラン・デュランという肩書きが不要になった程、前作「THUNDER」が高性能ハード・ロック・アルバムとして知れ渡ったアンディ・テイラーの第二弾アルバムです。

 

本当にこの人の完全なるハード・ロッカーぶりには驚かされたもので、アイドル人気を少しも利用しないストイックな姿勢にも男臭さを感じられます。

 

元ピストルズのギタリストであり、やはりハード・ロック野郎であった事が明らかになったスティーヴ・ジョーンズとの完全タッグとなった前作、「THUNDER」は、今も80年代ポップ・メタルの隠れ名盤として語られていると思いますが、3年ぶりとなった本作は全曲カヴァー集となりました。

 

THIN LIZZY、AC/DC、BAD COMPANY、MONTROSE、MOTT THE HOOPLE、KINKS、ROLLING STONES、ROD STEWART等、この人のルーツをハード・ロック・ヴァージョンで渋い声を聴かせてくれます。

 

特にオープニングの「甘い言葉に気をつけろ」では、知らずに聴いていればフィル・ライノットの声と間違えてしまいそうになるのでは、と思われます。

 

アレンジの妙として挙げられる、ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」で完全にハード・ロックにしてしまっているセンスは、最早恐れ知らずと言うしかありません。

 

バックでタイトなドラムを聴かせてくれるのは、意外な人と言っては失礼かもしれませんが、元ABC、そしてYMOのツアー・メンバーとしても知られるデヴィッド・パーマーです。

 

以降目立った音楽活動がないのが本当に残念なのですが、元アイドルという色メガネで見るべき人では絶対無いと思われます。

 

先入観抜きで聴いて欲しい1枚です。

 

 

« RATT DANCING UNDERCOVER | トップページ | BECK BOGERT APPICE BECK BOGERT APPICE »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RATT DANCING UNDERCOVER | トップページ | BECK BOGERT APPICE BECK BOGERT APPICE »