フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


« WINGER WINGER | トップページ | JUDAS PRIEST TURBO »

2019年11月19日 (火)

KODOMO BAND POWER ROCK GENERATION!!

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

オリジナルは81年作、子供ばんどのセカンド・アルバム、「パワー・ロック・ジェネレーション」、入荷しました。

4_000000006215

ショップはこち

 

うじきつよし率いる本格的ハード・ロック・バンドとして知られていますが、当時はユニークなバンド名、奇抜なファッション、キャラの立ったトータル・イメージが、正確に彼等の本来の魅力を伝えきる事を邪魔していた気もします。

 

前作の「WE LOVE 子供ばんど」ですでに完全な個性を確立、当時のジャパメタ・シーンの括りの中で語られながらも、元気でやんちゃなロック・バンドとして強烈なアピールをしていました。

 

本作でもストーンズの和訳カヴァー、「ジャンピング・ジャック・フラッシュ~サティスファクション」を交えながら、洋楽志向を見せながらも日本語によるハード・ロックを堂々と展開してくれています。

 

楽曲の充実ぶりも前作を遥かに超え、勢いだけでない器用さも見せてくれます。

 

和製AC/DCと呼ばれただけあって、シンプルでストロングなリフ作りは職人気質のものがあり、しょっぱなから体が反応してしまいます。

 

奇しくもAC/DCには「Rock'n Roll Singer」なるナンバーがありましたが、本作のオープニングは「Rock & Roll Singer」。

 

いかにもライヴ受けしそうなハード・ドライヴィン・ナンバーで、バンド全体の巧さも光る名曲となっています。

 

「アル中ロックンローラー」では、彼等特有のオトボケ感覚が炸裂、ここでもAC/DCばりのキャッチ―なリフでグイグイ引っ張ってくれます。

 

渋くてクールなうじきつよし像しか知らない人にとっては、このナンバーの後半でのはっちゃけぶりは驚きに値するでしょう。

 

本作中最もキャッチ―な「DREAMIN' (シーサイド・ドライブ)」は、80年代ポップ・メタルのグラマラスな部分も感じさせ、ポップ・センスの高さも窺わせます。

 

当時のラウドネス、アースシェイカー等が、有無を言わせぬテクニック、メロディ、カリスマ性を誇っていた中、子供ばんどはまさに街のパーティー・ロック・バンド然とした親しみやすさを持っていた事が良くわかる1枚です。

 

 

« WINGER WINGER | トップページ | JUDAS PRIEST TURBO »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WINGER WINGER | トップページ | JUDAS PRIEST TURBO »