« BLACK SABBATH SEVENTH STAR | トップページ | JOAN JETT & THE BLACKHEARTS FLASHBACK »

STEVE LUKATHER LUKE

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

1_000000004378

TOTOでのマイペースながら安定した活動と並行して、ソロ名義としては3年ぶり、3作目となったスティーヴ・ルカサーの97年作のアルバム、「ルーク」、入荷しました。

ショップはこちら

本作ではそれまでの作品の様に、人脈を生かした派手なゲスト、またTOTOのメンバーによるサポートもほとんどありません。

(1曲のみデヴィッド・ペイチが参加しています)

完全なトリオ体制でのバンド・サウンド、全曲ヴォーカル・ナンバーと言うロック・アルバムとなっています。

スティーヴを支えるのは元オジー・オズボーンのベーシスト、フィル・スーザン。

そしてデイヴ・リー・ロスのバンド参加で有名なドラマー、グレッグ・ビソネット。

ハード・ロック、メタル・ファンにも馴染みの深いリズム隊を得たルークが、伸び伸びとプレイ、歌っているのが伝わってくる快作です。

フィル・スーザンはオジーの「暗闇にドッキリ!」の作者として知られ、そのポップ・メイカーとしてのセンスが評価されていましたが、本作でも5曲をルークと共作、アダルトながらキャッチーなメロディに貢献しています。

その他にもTOTOのメンバーにとっても馴染みの深いTUBESのフィー・ウェイビルが2曲で共作に関わり、80年代的マインドの導入を手助けしています。

カヴァー・ナンバーとしては、バッファロー・スプリングフィールドの「Bluebird」が豪快なハード・ロック・ヴァージョンとして収録されています。

流麗ながらメタリックなエッジも忘れないルークのギター、そしてソフトなヴォーカルが最大限に生かされ、甘い面と硬質な面が同居した聴き応えのある1枚だと思います。

« BLACK SABBATH SEVENTH STAR | トップページ | JOAN JETT & THE BLACKHEARTS FLASHBACK »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595418/66920352

この記事へのトラックバック一覧です: STEVE LUKATHER LUKE :

« BLACK SABBATH SEVENTH STAR | トップページ | JOAN JETT & THE BLACKHEARTS FLASHBACK »

PR


TSUTAYA


  • DVDレンタル

REALPLAYER


  • RealPlayer
フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter