フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« SAGA IN TRANSIT | トップページ | GUNS N' ROSES CHINESE DEMOCRACY »

2016年8月31日 (水)

SLASH'S SNAKEPIT AIN'T LIFE GRAND

1_000000001703


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

前作から5年ぶりとなったスラッシュズ・スネイクピットのセカンド・アルバムで、結果的には最終作となった1枚、「エイント・ライフ・グランド」、入荷しました。

ショップはこちら

スラッシュを除くメンバーは全員総入替えとなり、前作ではギルビー・クラークやマット・ソーラムといったガンズ組を含むスーパー・グループ的な構成となっていましたが、本作ではほとんど無名のプレイヤー集団となりました。

特にオーディションで発掘されたヴォーカリスト、ロッド・ジャクソンの存在感にまず驚かされます。

ソウルフルかつパワフルな声は、時にグラハム・ボネット、時にグレン・ヒューズ、そして時にはデイヴ・リー・ロスを彷彿させ、スラッシュの幅広いメロディ・センスを生かすのに貢献しています。

プロデュースはエアロスミスの70年代の黄金期を作り上げてきたジャック・ダグラスで、この人の名を聞いただけで間違いの無いハード・ロック・アルバムと思う人も多いと思います。

ガンズ・タイプのナンバーでも、かなりエモーショナルに聴かせてくれるこの新人ヴォーカリストの今後の活躍を期待せずにはいられません。

バラエティに富んだ内容からうかがえるのは、スラッシュというギタリストは独特な音色を個性とするプレイヤーだと思いますが、コンポーザーとしてはかなり手堅い仕事をする人ではないかという点です。

その時々のバンド、そして特にヴォーカリストに合わせてメロディを書く事に重点を置いているのではないでしょうか。

ワイルドでスリージーなナンバーをいくらでも書けるのでしょうが、ここでは伝統的なアメリカン・ハードの王道を守りながら、タメの効いたグルーヴ、ファンキーなノリを交えながら、メロディはかなりポップな曲が多くなっています。

エアロスミスまんまのリフを持つ「THE ALIEN」にしても、歌メロの聴かせ方はかなり工夫があり、スラッシュが実に楽しげにプレイしているのが目に浮かびます。

アクセルが歌ったら良かったのにと思える場面がほとんど無いのが、スラッシュの器用さの証明にもなっていると思います。

バック・コーラスのゲストとして、現フォリナーのケリー・ハンセンがこっそり参加しているのも聴き所ではないでしょうか。

« SAGA IN TRANSIT | トップページ | GUNS N' ROSES CHINESE DEMOCRACY »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SLASH'S SNAKEPIT AIN'T LIFE GRAND:

« SAGA IN TRANSIT | トップページ | GUNS N' ROSES CHINESE DEMOCRACY »