フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« THE DEFIANTS THE DEFIANTS | トップページ | SCHENKER PATTISON SUMMIT THE ENDLESS JAM CONTINUES »

2016年8月15日 (月)

POISON OPEN UP AND SAY...AHH!

1_000000001605


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

88年作、ポイズンのセカンド・アルバムとなった1枚で、LAメタル、グラム・メタル、ヘア・メタルと当時のポップな80'sメタルの象徴となった大名盤、「初めての***AHH」、入荷しました。

ショップはこちら

派手なだけのお化粧バンド、ライヴでの実力不足等、彼等を揶揄する言葉は確かに多かったと思いますが、このポップな魅力を否定するのはかなり難しいと思われます。

甘さベッタリのキャッチーさと同時に、ハード・ロック、メタルの楽しさを存分に含んだサウンドでデビューした彼等は、KISSやCHEAP TRICK譲り、キラキラしたヴィジュアルはAEROSMITH、MOTLEY CRUEのDNAを引き継ぐという、いそうでいなかった存在感により当時のシーンでは頭一つ抜き出ていました。

本作ではその持ち前のポップ・センスを更にわかりやすく徹底し、No.1ヒットとなったバラード、「Every Rose Has Its Thorn」を生んでいます。

プロデューサーは前述のチープ・トリック、モトリー・クルーをも手掛けたトム・ワーマンで、この人の明快なハード・ポップ感覚が生かされています。

74年のヒット曲、ロギンス&メッシーナの「Your Mama Don't Dance (ママはダンスを踊らない)」のチョイスも抜群で、自分達の個性を良く知り尽くしていると思います。

500万枚以上のセールスは伊達ではない楽しさに溢れたアルバムで、当時アルバム・チャートの2位をしばらく独占していた様です。

彼等のトップの座を阻んだのは、ボン・ジョヴィの「New Jersey」、ガンズのファースト、そしてデフ・レパードの「Hysteria」という凄まじい時代だったわけです。

その中で妖しく咲いた毒々しくもスウィートな香りのする花として、今聴いても胸ときめく1枚です。

« THE DEFIANTS THE DEFIANTS | トップページ | SCHENKER PATTISON SUMMIT THE ENDLESS JAM CONTINUES »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: POISON OPEN UP AND SAY...AHH!:

« THE DEFIANTS THE DEFIANTS | トップページ | SCHENKER PATTISON SUMMIT THE ENDLESS JAM CONTINUES »