フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR


« SAMMY HAGAR LOUD & CLEAR | トップページ | BLACK SABBATH TYR »

2016年2月21日 (日)

DAVID LEE ROTH DIAMOND DAVE

1_000000001734


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

デヴィッド・リー・ロスの2003年作、「ダイアモンド・デイヴ」、入荷しました。

ショップはこちら

ダイアモンド・デイヴの愛称をとうとうそのままタイトルに冠した本作、デイヴ・リー・ロスのソロ名義としては、VAN HALEN復帰前の最後のスタジオ・アルバムです。

テクニカル・プレイヤーを多く擁するインディー・レーベル、マグナ・カルタからの地味なリリースというのもロック・ファンならビックリだと思うのですが、内容はなかなかド派手なサウンドだと思います。

85年の初ソロ作、「CRAZY FROM THE HEAT」の最新版とでも言うべき、大カヴァー大会が中心となった構成です。

オリジナル曲はデイヴのブルース・ハープをフィーチャーした小曲、口笛と笑い声が半分を占めるお遊びトラックを除けば、わずか1曲。

かつてDLRバンドにも在籍し、マリリン・マンソン、ロブ・ゾンビのメンバーとして有名になったギタリスト、JOHN 5との共作曲となった「Thug Pop」なるこのナンバー、かなりカッコいいハード・ロックに仕上がっています。

そして全体的にはビートルズ、ドアーズ、サヴォイ・ブラウン、ジミ・ヘンドリックス、スティーヴ・ミラー・バンド等のカヴァー集となっています。

ナイル・ロジャース、エドガー・ウインター等、大量のゲスト・ミュージシャンを交え、デイヴお得意のハリウッド型エンターテインメント・ショーが展開されています。

かつてヴァン・ヘイレンがデビュー・アルバムでカヴァーしたジョン・ブリムのブルース・クラシック、「ICE CREAM MAN」がここでも再起用されているのですが、ラウンジ・ミュージック風からビック・バンド・サウンドへと転化していく、ウキウキ・パーティー・ソングにアレンジされていたりします。

まぁ、とにかく楽しくなきゃ嘘、といった感が全編に溢れ、この人でなきゃ不可能な世界だと思いますが、80年代のまま時間が止まっている気もしてなりません。

それが良くも悪くもデイヴの魅力だと思うので、目一杯楽しんで聴くしかない1枚です。

« SAMMY HAGAR LOUD & CLEAR | トップページ | BLACK SABBATH TYR »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAVID LEE ROTH DIAMOND DAVE:

« SAMMY HAGAR LOUD & CLEAR | トップページ | BLACK SABBATH TYR »