フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« FASTER PUSSYCAT FASTER PUSSYCAT | トップページ | DANGER DANGER DAWN »

2015年11月 4日 (水)

ZEPHYR ZEPHYR

1_000000003157


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

オリジナルは69年作、トミー・ボーリンのプロ・デビューとなったバンド、ゼファーのファースト・アルバム、「驚異のゼファー登場」、入荷しました。

ショップはこちら

この人のパープル参加前のキャリアとしては、ジェイムス・ギャングでの活動の方が有名かもしれませんが、ゼファーが伝説的ハード・ロック・バンドと呼ばれるのはボーリンが在籍していたという理由だけではありません。

女性ヴォーカリスト、キャンディ・ギヴィンズを擁したこの5人組、アメリカのバンドでありながらブリティッシュ・ハード真っ青のゴリゴリのハード・ロックを展開してくれています。

もちろん当時20歳前の若き天才ギタリスト、ボーリンのテクニックが驚異的だったのも事実で、すでに独特のねちっこいギター音の個性も確立しています。

以降のファンキーなプレイヤーの面影はここではなく、ブルージーかつプログレッシヴなサウンドで統一されています。

37歳という若さで他界してしまったヴォーカリスト、キャンディは、ブルースハープの名手であり、ジャニス・ジョプリンをハイトーンにしたようなパワフルな唱法を個性とし、まず彼女の声に圧倒されてしまいます。

彼女の夫であるベーシスト、デヴィッド・ギヴィンズのブンブン唸るベースとソング・ライティング・センスや、フルート、オルガン奏者であるジョン・ファリスがバンドを更にユニークにしています。

曲によっては当時のツェッペリンよりもカッコ良く聴こえてしまう程、このバンドはかなり時代の先を行っていたのだと思います。

バンドはボーリン脱退に伴い、僅か3年程で解散してしまい、再結成も果たしますが、前述の様にキャンディがいなくなった事により、まさに伝説的バンドとなったわけですが、実に残念でなりません。

可愛らしいジャケットに騙されてはいけません。

パープルの印象も霞む程、かなりズブズブのヘヴィ・ブルース・アルバムです。

« FASTER PUSSYCAT FASTER PUSSYCAT | トップページ | DANGER DANGER DAWN »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ZEPHYR ZEPHYR:

« FASTER PUSSYCAT FASTER PUSSYCAT | トップページ | DANGER DANGER DAWN »