フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« SURVIVOR CAUGHT IN THE GAME | トップページ | SHARK ISLAND LAW OF THE ORDER »

2015年11月 8日 (日)

STYX BIG BANG THEORY

1_000000003195


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

スティクスのスタジオ・アルバムとしては現在のところ最新作、「ビッグ・バン・セオリー」、入荷しました。

ショップはこちら

全曲カヴァー集となった本作、彼等のルーツを辿ると同時にロック・バンドとしての骨太さを改めて証明したものとなりました。

前作の「CYCLORAMA」からデニス・デ・ヤングが離脱し、トミー・ショウ主導の元、バンドは若返りましたが、本作ではクラシック・ロックを中心に手堅いハード・ロックから見事なコーラス・ハーモニーまで、ベテランらしいサウンドを聴かせてくれます。

オリジナル・メンバーであるジェイムズ・ヤング、チャック・パノッゾ、前作から加わったローレンス・ゴーワン、トッド・スチャーマン、そしてグレン・バートニックの後任として元THE BABYS、BAD ENGLISHのリッキー・フィリップスが参加し、新生STYXのお披露目大会という意味もあるのでしょうが、定番とも言える選曲が楽しませてくれます。

BEATLESの「I AM THE WALRUS」を取り上げるところなどは、ポップ・バンドでは終わらない奥の深さをもった個性を感じられます。

他にもジェスロ・タルやプロコル・ハルムといったカヴァーは、彼等らしいとも思えますが、意外にも土臭いナンバーにも正攻法で取り組んでいて、ウィリー・ディクスンやジミ・ヘンドリックスの曲ではジェイムズ・ヤングのハード・ロッカーぶりがギンギンに生かされています。

CSN&Yのナンバー、「FIND THE COST OF FREEDOM」では、バンドの武器でもある見事なコーラスが堪能できますが、是非ともこのメンバーでの新作をリリースしてほしいものです。

スロー・ヴァージョンとして生まれ変わった「BLUE COLOR MAN」のみセルフ・カヴァーとなっていますが、その他にもTHE WHO、FREE、BRIND FAITH、ALLMAN BROTHERS BAND等の曲が並んでいます。

« SURVIVOR CAUGHT IN THE GAME | トップページ | SHARK ISLAND LAW OF THE ORDER »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STYX BIG BANG THEORY:

« SURVIVOR CAUGHT IN THE GAME | トップページ | SHARK ISLAND LAW OF THE ORDER »