フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« 聖飢魔II 悪魔が来たりてヘヴィメタる | トップページ | TWISTED SISTER STILL HUNGRY »

2015年11月24日 (火)

NIGHT RANGER SOMEWHERE IN CALIFORNIA

Simg457


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

ナイト・レンジャーの通算9作目となったアルバム、2011年作の「サムホエア・イン・カリフォルニア」、入荷しました。

ショップはこちら

久々に明快で陽性な高揚感に溢れる彼等のキラキラ節が蘇ったとも言える1枚です。

オリジナル・メンバーのジェフ・ワトソンの脱退に伴い、本作から現在はWHITESNAKEで活躍するジョエル・ホークストラが参加しています。

またキーボードには、前作で一時的に参加していたマイケル・ローディーが古巣であるGREAT WHITEに戻ったため、ここではエリック・レヴィーなる人が迎えられています。

オープニングの「GROWIN' UP IN CALIFORNIA」から80年代の彼等を思わせる元気一杯のポップ・メタルが炸裂、本作への期待を一気に高めてくれます。

全盛期の彼等を知る人は、捨て曲無しの充実度、ハード・ドライヴィング・ナンバーと、センチメンタルなバラード、更に華麗なギターとキーボードの絡み、華やかなコーラス・ワークを求めると思います。

このバンドが現役で存続する以上、要求されるのは並大抵のメロディアス・ハードではなく、平均点が90点以上の高性能メロディである事はバンド自身が百も承知であるはずです。

2曲目のヘヴィなリフとキャッチーなコーラスもお見事、3曲目ではこれぞナイト・レンジャーと言えるハード・ポップ型の輝きを見せ、続くプログレ・ハード的な展開もスマートで、どうかこのままこの興奮を持続させて下さいと願うこちらの必死の願いは、やがて全く無用のものであった事に気づかされる始末です。

お得意のバラード、「TIME OF OUR LIVES」は全ての80年代メタル・ファンを釘付けにし、「IT'S NOT OVER」では完全に「MIDNIGHT MADNESS」時代へとタイム・スリップさせられるはずです。

ほとんどの曲をジャック・ブレイズ、ブラッド・ギルス、ケリー・ケイギーという強固なトリオが共作している事もあり、本作の充実ぶりは予想を超えるものがあったと思います。

ジョエル・ホークストラのプレイも控え目ながら、完全にバンドにフィットしています。

どことなくジューダス・プリーストの「黄金のスペクトル」を思わせるジャケットのイメージがダーク、ヘヴィな気もしますが、サウンドはカリフォルニアの青空を明確に想起させるものとなっていて、NIGHT RANGER完全復活に相応しい1枚でしょう。

« 聖飢魔II 悪魔が来たりてヘヴィメタる | トップページ | TWISTED SISTER STILL HUNGRY »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NIGHT RANGER SOMEWHERE IN CALIFORNIA:

« 聖飢魔II 悪魔が来たりてヘヴィメタる | トップページ | TWISTED SISTER STILL HUNGRY »