フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« VANDENBERG'S MOONKINGS | トップページ | LOUDNESS LIVE-LOUD-ALIVE LOUDNESS IN TOKYO »

2015年11月19日 (木)

MSG THE MAD AXEMAN LIVE

1_000000003203


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

4枚組ボックス・セットとなったMSGのライヴ音源、「ザ・マッド・アックスマン・ライヴ」、入荷しました。

ショップはこちら

MSGの80年代のライヴ音源が発掘され、様々な形でリリースされていますが、これもその内の一つですでにリリースされている二つの4枚組BOXセットから、2枚ずつが抜き出されて編集されているものです。

2002年リリースの「Reactivate: Live」からセレクトされたCD1とCD2は、それぞれ80年のUSAツアーからの音源で、ペンシルバニアとLAでのライヴとなっています。

ファースト・アルバムをリリース直後、もちろんコージー・パウエルを抱えての黄金期と言える時代で、特にレアと言える音源でしょう。

コージーがプレイする「DOCTOR DOCTOR」、「LIGHTS OUT」、「ROCK BOTTOM」は、ファンにとっては必聴ものとなっています。

2003年リリースの「Back to Attack: Live」からセレクトされたCD3とCD4は、84年1月18日の来日公演、札幌でのライヴを収録しています。

「限りなき戦い BUILT TO DESTROY」リリースに伴うツアーですが、この時期のライヴは「ROCK WILL NEVER DIE」という優れたオフィシャル・ライヴ盤が存在しますが、そこでは聴けなかった曲もプレイされており、日本人にとっては嬉しい音源となっています。

2枚に分けて、アンコールまで含めてフル収録となっているのも見逃せません。

全てサウンドボード録音となっていますが、おそらくオーヴァーダビングはされておらず、かなり荒い音質となっています。

特にゲイリー・バーデンの苦しいヴォーカルは、この時期のMSGの個性にもなっていた気がしますが、こうして改めて聴くとやはり相当酷かったんだという事に気づかされます・・・

シンプルな外装ながら、なかなか洒落たパッケージになっていて、ほぼCDジャケット・サイズのボックスも好感が持てます。

熱心なファン向けのものとはなってしまいますが、前述の4枚組BOXセット2種はかなり高額なものだっただけに、こうした変則的コンピレーションはありがたいものと思えます。

« VANDENBERG'S MOONKINGS | トップページ | LOUDNESS LIVE-LOUD-ALIVE LOUDNESS IN TOKYO »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MSG THE MAD AXEMAN LIVE:

« VANDENBERG'S MOONKINGS | トップページ | LOUDNESS LIVE-LOUD-ALIVE LOUDNESS IN TOKYO »