フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« XYZ XYZ | トップページ | TEAZE ONE NIGHT STANDS »

2015年3月17日 (火)

THIN LIZZY VAGABONDS OF THE WESTERN WORLD

1_000000001495_2


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

オリジナルは73年作、シン・リジィのサード・アルバムとなった1枚、「西洋無頼(ゴロツキ)」、入荷しました。

ショップはこちら

「西洋無頼(ゴロツキ)」と読ませる当時の邦題のセンスが、いかにも70年代という感じがしますが、このバンドの個性が固まる前の荒々しいサウンドが逆に新鮮な傑作です。

前作ではキーボード、メロトロンを導入し、サイケ、プログレからの影響もうかがえましたが、ここではトリオ・バンドとしてのブリティッシュ・ハードに徹しています。

初代ギタリスト、エリック・ベルが在籍した最後のアルバムで、彼の情感溢れるブルージーなプレイと、フィル・ライノットのソング・ライターとしての才気がいよいよ目覚めた感があるナンバーが揃っています。

初期の代表曲となり、以降のリジィ節の雛形ともなった「ザ・ロッカー」を始め、ブルースからの影響もありながら、粘っこさよりもしなやかさが売りの新しい英国ハードの息吹が少しずつ感じられます。

本作からチェゲバラのシルエット画の作者として有名なイラストレイター、ジム・フィッツパトリックがジャケットを担当し、後に「ナイトライフ」、「脱獄」、「サギ師ジョニー」、「ブラックローズ」を手掛け、バンドの黄金期を共に作り上げています。

次作からのツイン・リード体制がやはりこのバンドの伝説の始まりになったわけですが、本作での魅力的なメロディ、バラエティに富んだセンスは、フィルのミュージシャンとしての転機にもなったと思われる程魅力的なため、是非一度聴いてみてほしい1枚です。

« XYZ XYZ | トップページ | TEAZE ONE NIGHT STANDS »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THIN LIZZY VAGABONDS OF THE WESTERN WORLD:

« XYZ XYZ | トップページ | TEAZE ONE NIGHT STANDS »