フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« SAXON INNOCENCE NO EXCUSE | トップページ | W.A.S.P. KILL FUCK DIE »

2015年3月 9日 (月)

STEEL PANTHER FEEL THE STEEL

1_000000001789_2


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

LAメタルの最もキラキラした部分、そして装飾過多な故生まれる滑稽な部分を大真面目に再現してみせたスティール・パンサーのデビュー・アルバム、「鋼鉄の女豹」、入荷しました。

ショップはこちら

各メンバーが確かなテクニックを持ち、おそらく80年代メタルへの尽きない愛情をギャグと図太いパロディ感覚で一気に聴かせてくれます。

下世話な歌詞とライヴ・パフォーマンスは、80年代を知らない若いファンは呆気にとられ、あの頃夢中になっていたオールド・ファンはやり過ぎ感に辟易したかもしれません。

それでもここまで徹底してやられると、笑うばかりでなく、体が自然に反応してしまうのも事実です。

かつて多くのメタル・バンドが恥も外聞も無く繰り返してきた事ですが、若気の至りだったとばかりシリアスな方向性い切り替えてきたのをファンは何度も目撃していると思います。

スティール・パンサーはおそらくこのまま突っ走ってくれると思いますが、KISSの様に永遠のエンターテイナーであって欲しいと思います。

どこかで聞いた事のある様なリフ、メロディの元ネタを探すの馬鹿らしい程、実際良くできたポップ・メタルの応酬に、しかめっ面をしているメタル・ファンはそういないと思います。

パワー・バラードのトキメキ感も、パーティー・ロックのウキウキ感も、バンドの底力により半端ではない魅力を誇っています。

BON JOVIやMOTLEY CRUE、POISONやWARRENTが脱ぎ捨ててしまったLAメタルの華美な装飾を、21世紀に甦らせた意味がどれ程あるのかわかりませんが、目が離せない存在であるのは間違い無いのではないでしょうか。

« SAXON INNOCENCE NO EXCUSE | トップページ | W.A.S.P. KILL FUCK DIE »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STEEL PANTHER FEEL THE STEEL:

« SAXON INNOCENCE NO EXCUSE | トップページ | W.A.S.P. KILL FUCK DIE »