フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« TYGERS OF PAN TANG BURNING IN THE SHADE | トップページ | HOUSE OF LORDS WORLD UPSIDE DOWN »

2015年3月25日 (水)

JOHN WAITE NO BRAKES◆MASK OF SMILES

1_000000002670_2


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

数々の名盤を2in1CDとしてリマスター化、リイシューしているイギリスの名門レーベル、BGOがジョン・ウェイトのアルバムをカップリングしてくれました。

ショップはこちら

84年作のセカンド・アルバム、「NO BRAKES」と、85年作のサード・アルバム、「MASK OF SMILES」が、それぞれ全曲収録されています。

全米No.1ソングとして名高い「MISSING YOU」を収録したセカンド・アルバムは、元パティ・スミス・グループのキーボーディスト、ブルース・ブロディのニュー・ウェイヴ・タッチのシンセが程良い味付けになっているハード・ポップ作になっています。

ちなみにやはりパティ・スミス・グループでブロディと共に活動していたアイヴァン・クラールは、ギタリストしてジョン・ウェイトのソロ・デビュー作、「IGNINITION」、そして「MASK OF SMILES」ではジョンとの共作で楽曲提供をしています。

両作ともバラエティに富んだ作風ながら、とっ散らかった印象が全く無いのは、個性的なジョンの声と80年代的アレンジによりキラキラ度が優れていたからだと思います。

どんなタイプのナンバーでも器用に歌いこなす人ですが、やはりハード・ロック・シンガーとしての魅力が光るメタリックな曲、そしてせつなさがたまらないバラードでの輝きが目立ちます。

サード・アルバムでは、マーヴィン・ゲイが65年にヒットさせたスモーキー・ロビンソン作の曲、「Ain't That Peculiar」をカヴァーしているのですが、これが見事に80'sニュー・ウェイヴと化しているのが興味深いところです。

前述の大ヒット・シングル、「ミッシング・ユー」の一発屋的なイメージも当時はあったのかもしれませんが、「Tears」、「Every Step Of The Way」、「Welcome To Paradise」といったスマッシュ・ヒット曲も見逃せません。

ベイビーズ、バッド・イングリッシュと、バンドのヴォーカリストとしての顔の方が有名なのかもしれませんが、この頃の彼の艶っぽさはビリー・スクワイアやラヴァーボーイといったヒット・メイカーと同列に語られるべき魅力に溢れていたと思います。

« TYGERS OF PAN TANG BURNING IN THE SHADE | トップページ | HOUSE OF LORDS WORLD UPSIDE DOWN »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JOHN WAITE NO BRAKES◆MASK OF SMILES:

« TYGERS OF PAN TANG BURNING IN THE SHADE | トップページ | HOUSE OF LORDS WORLD UPSIDE DOWN »