フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR


« WIG WAM WIG WAMANIA | トップページ | XYZ XYZ »

2015年3月15日 (日)

HONEYMOON SUITE HONEYMOON SUITE

1_000000002655_2


全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

オリジナルは84年リリース作、カナダのバンド、ハネムーン・スイートのデビュー・アルバム、「ハネムーン・スイート」、入荷しました。

ショップはこちら

キーボードを含む5人組で、同時代のラヴァーボーイとも比較する事もできますが、ハネムーン・スイートの方がよりエレ・ポップ的要素を隠さないポップ・バンドであったと思います。

バンド名、そして本作のジャケット・デザインのセンスの良さから、思わずジャケ買いしてしまいそうな好盤の香りがプンプンしていますが、良い意味で期待を裏切られる様なサウンドがユニークです。

気になるので調べてみたら、ジャケットのデザインを担当しているのはカナダのイラストレーター、ディーン・モッターというイラストレーターが関わっていて、トライアンフ、ラヴァーボーイのアルバム、そしてアンヴィルの「メタル・オン・メタル」(実にカッコいいジャケでした)を手掛けている人らしいです。

シングル・カットされた「New Girl Now」がアメリカでもスマッシュ・ヒットを記録、全編当時の80’sポップ・シーンにピッタリなラジオ・フレンドリーなナンバーが揃っています。

疾走するハード・ポップ・チューンも見られますが、英国ニュー・ウェイヴ的なシンセ多用とミステリアスなメロディ、加えてヴォーカリストのクセのある粘っこい鼻声が独特の個性を生んでいます。

彼等は以降HR/HM色を強めていきますが、この時点ではRUSH+LOVERBOYというカナディアン・ハードの美味しいとこ取りをした様なサウンドを目指したのでしょうか。

多少消化不良気味になるメロディの半端さが気になりますが、それも本作をユニークしている材料となり、このいかがわしさすら漂う80年代サウンドには不思議な魅力があるのは確かです。

« WIG WAM WIG WAMANIA | トップページ | XYZ XYZ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HONEYMOON SUITE HONEYMOON SUITE:

« WIG WAM WIG WAMANIA | トップページ | XYZ XYZ »